企業のための「強み革命」(第4回)

部下がリーダーに求める「4つの欲求」とは何か?

2016.06.22 Wed連載バックナンバー

 これまで、数多くのリーダーシップの研究が行われてきたものの、その多くが「リーダーとはこうあるべき」という論調だった。しかし、そのリーダーに部下がいなければ、そもそも組織として成り立たない。

 どれだけそのリーダーが優れたスキルの持ち主だったとしても、部下がそのリーダーの元に集うことを拒絶すれば、チームとして大きな結果を出すことはできない。逆に、そのリーダーの元に優れたスキルの部下が集い、よく働くことができれば、チームとして大きな成果が挙げられるだろう。

 部下を惹きつけるリーダーと部下に嫌われるリーダー。両者の間には、部下が抱く “あること”を意識しているかいないかという違いがあることを、アメリカのビジネス書『さあ、リーダーの才能に目覚めよう ストレングスリーダーシップ』(日本経済新聞出版社刊、トム・ラス著、バリー・コンチー著)は指摘している。その“あること”とは何か? 同書の中から読み解いてみよう。

 

部下がリーダーに求めている4つのニーズとは?

 アメリカの調査会社・ギャラップ社は、2005年から2008年にかけて、1万人以上のフォロワー(チームメンバー、部下のことを本書ではこう呼んでいる)に対して調査を行った。調査内容は「ポジティブな影響を与えてくれているリーダーを思い浮かべて、その人があなたの人生に与えてくれているものについて、最もよく表している単語を3つ挙げる」というものだ。

 得られた回答を分析したところ、フォロワーが自分の人生に最も大きな影響を与えているリーダーに期待し求めているものは、主に「信頼」「思いやり」「安定」「希望」の4つであることが浮き彫りとなった。

 つまり、部下にとって理想的なリーダーは、「信頼」「思いやり」「安定」「希望」を与える人物ということになり、裏返せば部下にとって最悪なリーダーは「信頼できない」「思いやりがない」「不安定」「希望が持てない」ということになる。

 

一見手間のかかる部下への気遣いが、結果的に効率化を生む

 この4つの要素の中から、まずは「信頼」にスポットを当ててみよう。ギャラップ社の調査によると、会社のリーダーたちを信頼していない場合、従業員が仕事に熱意を抱く確率はわずか12分の1とのこと。これに対し、会社の経営陣を信頼している場合は、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

峯 英一郎/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

峯 英一郎/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

ライター・キャリア&ITコンサルタント

IT企業から独立後、キャリア開発のセミナーやコンサルティング、さまざまな分野・ポジションで活躍するビジネス・パーソンや企業を取材・執筆するなどメディア制作を行なう。IT分野のコンサルティングや執筆にも注力している。
https://www.facebook.com/mineeii

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter