こんなときは上司としてどうする?ケーススタディ(第16回)

プライドが高い部下をどうコントロールするか

2016.07.17 Sun連載バックナンバー

仕事を助けるプライドと、組織を壊すプライドの違いは何か?

 「プライドを持って仕事をする」ということは、質の高い仕事を実現するためには重要な要素のひとつです。たとえ仕事の途中で、嫌だったり、辛いことが起きた場合でも、プライドを持っていれば「ここで仕事を放り出すのは許されない」と、モチベーションを上げることができます。プライドを持っていなければ、こうした場面では逃げの態勢に入ってしまいがちです。

 しかし、実力が伴っていないにもかかわらず、プライドだけが妙に高い人物というのも存在します。

 分不相応なプライドを持つことは、仕事にマイナスの影響を及ぼします。特に、社会人としての実績に乏しい若手社員は、実績がないゆえに“自分は何でもできる”、あるいは“自分はこんな小さな仕事をするために入社したのではない”と、過剰に高いプライドをいだきがちです。

 こうなってしまうと、その部下は上司や同僚の声に耳を傾けることもなくなるので、能力のアップは期待できません。未来ある若者が、高過ぎるプライドによって勘違いをしてしまうのは、本人だけでなく会社にとっても大きな損失です。

 さらに、高いプライドの持ち主は、自分の力を過信している為に、チームで協力して成果を出すことを嫌います。一人で出せる成果は小さなものです。大きな成果を挙げるためには、会社がチームとして機能するしかありません。チームとしての大きな成果が出せなければ、結果的に上司の評価も低く判定されてしまいます。

 もし分不相応なプライドを持つ部下がチームにいる場合は、早急にその高すぎる鼻をへし折ることが、チームの成功に繋がることでしょう。

 

仕事を回すために敢えて高いプライドを持つ部下には……

 高すぎるプライドを持つ部下には、いくつかパターンがあります。たとえば、「傷つきやすい性格のため、わざとプライドを高くして強がっている」というケースもあります。

 仕事をしていると、心が傷ついてしまうシーンは度々訪れます。1つのミスが起こると、そのミスから問題が次から次へと生まれ、上司や同僚、関係部署からさまざまな苦情や文句を言われてしまいます。こういった言動に対して反応していると、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

村上 哲也

村上 哲也

コンサルタント兼ライター

ゼロベースでのコンサルタントには定評があり、担当する顧客とは「戦略」から始め「戦術」まで実行させる本格派。2013年より本業の合間にライター業務も行っており、コンサルタント関係に留まらない幅広い記事の記載を行っている。http://midorinooka2014.wix.com/business-consulta-jp

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter