今すぐできる組織の改善(第18回)

毎日の「口ぐせ」が人生と仕事を変える理由

2016.09.06 Tue連載バックナンバー

 あなたは普段、どのような言葉を使っているでしょうか?

 複数の研究によると、平均的な人間の頭のなかには、一日に1万語以上の語句・文章がめぐっているそうです。「今日も疲れた」「周りに振り回されっぱなしで嫌になる」「会社の方針が気に入らない」……。今回は、そんな口ぐせが人生と仕事を変える理由をお伝えしたいと思います。

 

思考と感情と言葉は全て繋がっている

 私たちが楽しい、苦しい、好き、嫌い、期待する、絶望するといった感情は、全て自分自身の思考から生まれています。次のモデルをご覧ください。

 私たちの脳は、世界や他人、起きた出来事など、事実のあるがままの姿を捉えることができません。思考というフィルターと通して「解釈」しているのです。この解釈の結果が、「感情」として表れます。

 同じ世界に生きていても、先行きに希望を見るか、絶望を見るかは人それぞれです。同じ人でもある人は嫌い、別の人は好きだと答える場合があります。同じ出来事に直面していても、楽しいと思う人もいれば辛いと感じる人もいます。全ては、思考の結果なのです。

 では、その思考を変えるためにはどうすればいいのでしょうか?結論からいうと、「ポジティブな言葉」を使うことです。

 

「ポジティブな言葉」を使う影響

 マザーテレサは次のような名言を残しています。

思考に気をつけなさい、それは… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

幸福度を下げる原因の根本は「寝不足」である
古川 武士

古川 武士

習慣化コンサルティング株式会社 代表取締役

関西大学を卒業後、日立製作所などを経て06年に独立。約2万人のビジネスパーソンの育成と、約500人の個人コンサルティングの経験を元に、習慣化をテーマにしたコンサルティング会社を設立。個人向けの習慣化支援、企業への行動定着支援を行っている。著書に『人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術』(2015/大和書房)、『力の抜きどころ 劇的に成果が上がる、2割に集中する習慣』(2014/ディスカヴァー・トゥエンティワン)ほか多数。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter