伝説の顧客サポートエピソード(第3回)

ホテルのエピソードといえば「リッツカールトン」

2014.04.22 Tue連載バックナンバー

 ホテルといえば、その業務自体が100%おもてなし。顧客サポートにまつわるエピソードも豊富です。今日も世界中で繰り広げられているホテルの物語。その代表ともいえるザ・リッツ・カールトンをご紹介します。

 

日本の「クレド」ブーム、本家本元

 21世紀に入ってまもなく、日本企業の間で「クレドブーム」がありました。
 クレド(Credo)とは、ラテン語で信条や束を意味する言葉。ビジネスのシーンでは、企業活動を行なううえで根本となる価値観や行動規範を簡潔に表現した文言、あるいはそれを記したツールのことを指します。余談ですが、英語のクレジット(Credit/信用、信頼)もこれが由来です。

 このクレドブームは、低成長社会になり、モノを作れば売れる時代から、コト(物語)を売る時代への転換と軌を一にしていたような気もします。もしかすると、どこかのコンサルティング会社が、企業の意思統一や、顧客サービスの徹底を図るために、コトを売るのだ、ということでクレドを仕掛けたのかもしれません。

 そして、クレドの代名詞ともいえるホテルが、ザ・リッツ・カールトンです。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

棕澤 和宏/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

棕澤 和宏/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

広告制作会社エコトバ 代表取締役

業界デビュー作がJ-WAVEのネーミング。以来コピーライターとして20年以上キャリアを積むが、最近はコピーライティングの知識を生かしたWEBサイトのコミュニケーションプランの提案に軸足を移しつつある。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter