経営者が知っておきたいビジネス理論入門(第53回)

なぜ、ミシュランを獲得した人気店が閉店するのか?

2015.12.28 Mon連載バックナンバー

ラーメン店で初のミシュラン一つ星を獲得した『Japanese Soba Noodles 蔦』

 2015年12月1日に『ミシュランガイド東京2016』の掲載店が発表となりました。高級料理の代名詞ともいわれるフレンチや中華、和食のレストランが最高の栄誉として星を獲得する中、異彩を放ったのが、『Japanese Soba Noodles 蔦』。

 そう、店名からもわかるように、日本の大衆食の代表ともいえるラーメンが見事ミシュランで一つ星を獲得したのです。ラーメン店がミシュランで星を獲得するのは世界初であり、大きな注目を浴びることとなりました。

 ただ、ミシュランに認められたといっても、この『Japanese Soba Noodles 蔦』は老舗ではなく、2012年1月にオープンしたてのいわば新興店。しかも、店主の大西祐貴氏は、高校卒業後に父親が経営するラーメン店で5年ほど修業するも、興味がわかずにアパレル関連企業に転職し、バイヤーとして世界各地に赴き、さまざまな食に出会う中で、ラーメンへの情熱が芽生えて自分の店を構えたという異色の経歴の持ち主なのです。

 『蔦』はオープン後、程なくしてそのラーメンのおいしさが評判となり、口コミで行列ができる有名店へ。ミシュランで星を獲得する前から、2時間待ちは当たり前という超人気店だったのです。また、昨年の『ミシュランガイド東京2015』では、コストパフォーマンスの高いレストランに与えられるビブグルマンを受賞しており、1年でさらなるステップアップを果たした格好となります。

 そして、この『蔦』がラーメン店で初めてミシュランで星を獲得したという衝撃のニュースが駆け巡った翌営業日には、店の前におよそ150人が並ぶという異常な熱狂に見舞われることになるのです。

 

突然の閉店発表……なぜ人気店なのに閉店しなければならないのか?

 店側とすれば、ミシュランの星を獲得してお客が殺到することは、嬉しい悲鳴といえるかもしれません。ところが、その嬉しい悲鳴が、深刻な事態を引き起こすとは、この時誰しもが予想すらしていなかったのではないでしょうか。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

お家騒動がビジネスに与える深刻なダメージとは?
安部 徹也

安部 徹也

株式会社 MBA Solution 代表取締役

株式会社 MBA Solution 代表取締役。2001年MBAを取得後、経営コンサルティングの事業で起業。近著に『最強の「イノベーション理論」集中講義』 (日本実業出版社)や『ぐるっとマーケティング』(すばる舎リンケージ)などがある。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter