経営者が知っておきたいビジネス理論入門(第43回)

きゃりーぱみゅぱみゅはシャープの危機を救えるか?

2015.07.27 Mon連載バックナンバー

きゃりーぱみゅぱみゅさんを起用して4Kテレビをプロモーションするシャープ

 シャープは、4K液晶パネルで8K相当の解像度の表示能力を実現した『AQUOS 4K NEXT』をはじめとする4Kテレビの新製品のプロモーションに、きゃりーぱみゅぱみゅさんを起用して話題となっています。

 従来、シャープは液晶テレビのCMに吉永小百合さんを起用してきましたが、これまであまり開拓できていない若者を中心とした新たな顧客層に新製品を知ってもらおうと、ターゲット顧客に絶大なる人気を誇るきゃりーぱみゅぱみゅさんに白羽の矢を立てたのです。

 シャープといえば、2015年3月期には2,223億円という巨額の赤字を計上し、本社単体では、負債が資産を上回る債務超過の状況に陥って、深刻な経営危機に直面しています。この危機的な状況から立ち直るためには、売上アップを図り、利益を計上することは急務であり、考え抜いた末に話題性を重視してきゃりーぱみゅぱみゅさんを起用したのでしょう。

 

即効性が求められるシャープのプロモーション戦略

 確かにシャープの意図は理解できなくはありません。きゃりーぱみゅぱみゅさんを起用して派手なプロモーションを展開することにより、これまでアプローチできなかった若年層にシャープの4Kテレビの認知度を高めることができるでしょう。

 ただ、プロモーション戦略は知ってもらうだけでなく最終的に売上までつなげなくては意味がないのです。

 たとえば、『AQUOS 4K NEXT』は、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

激化する回転寿司戦争、勝ち残るのはどこか?
安部 徹也

安部 徹也

株式会社 MBA Solution 代表取締役

株式会社 MBA Solution 代表取締役。2001年MBAを取得後、経営コンサルティングの事業で起業。近著に『最強の「イノベーション理論」集中講義』 (日本実業出版社)や『ぐるっとマーケティング』(すばる舎リンケージ)などがある。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter