エコビジネスで企業イメージと実益を追求!(第4回)

エコビジネスで受賞・認証! 狙い目はこれ

2014.01.27 Mon連載バックナンバー

 エコ関連の認証や賞をとっておくと、環境に配慮している企業として、イメージが高まります。ただ、山ほど種類があるので、どれを取ればいいのやら……。コストやアピール効果は、事業分野によっても違いますから、一番お得度の高いものをしっかり狙っていきたいところです。

 

高くても売れる! イメージだけじゃなかった認証・受賞のメリット

 エコ関連の認証を受けたり賞をとったりすれば、どんなメリットがあるのでしょう? 一般的には「企業イメージがよくなるくらいでは」と思われていますが、実は商売や事業を営む方にとって、ほかにもさまざまな効果が期待できます。

 そのひとつが「グリーン購入」。環境に配慮した商品を積極的に購入する取り組みで、2001年4月に施行されたグリーン購入法により、政府機関等では義務化されています。同じような商品がある中、グリーン購入適合のアイテムを選ばなければならないのです。企業や地方自治体でも、これにならう動きが活発化しています。2002年にグリーン購入ネットワークが行ったアンケートによると、文具・事務用品をグリーン購入している企業は86%にものぼりました。大手メーカーではネット上にグリーン購入法適合商品のリストを掲載している企業も珍しくありません。

 さらに、「環境配慮型商品」だと示すことで、商品価格が高く売れる、というのも認証・受賞がもたらす意外に大きな効果です。環境省が2012年1月に発表した「消費者アンケート調査結果」(PDF)によると、一般の商品より高い価格でも購入する消費者はトータルで2割弱にものぼっています。

 

認知度が高い認証・受賞はこれ

 ビジネスで大きなメリットが期待できるエコ関連の認証・受賞ですが、実は各省庁や団体がそれぞれの思惑で乱発しているため、「多すぎる」のが現状です。ですから「目的や対象はほぼ同じで、認知度だけが違う」というケースも多々見られます。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

谷垣 吉彦/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

谷垣 吉彦/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーランスライター

アダルト層向け商品の販促プランニングや、経営・医療系書籍の企画・立案・執筆など、幅広い分野でライターとして活動する。大阪ミレニアムミステリー賞を受賞するなど、エンターテイメント分野での実績も評価されている。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter