良い食事がビジネスの成功につながる(第2回)

できるビジネスパーソンは「昼食」を食べ過ぎない

2016.12.13 Tue連載バックナンバー

 毎日忙しく仕事をこなしていると、昼食をしっかりとることは難しいものです。忙しくて昼食を摂る暇などなさそうな「できるビジネスパーソン」は、どのように昼食をとっているのでしょうか。

 優秀だと思われている人は、特別なことをしているわけではなく、日々の少しの工夫や努力の積み重ねで、突出した結果を生み出すことが多くあります。今回は、是非とも取り入れたい「できるビジネスパーソンの昼食の工夫」を紹介します。

 

昼食を抜くと頭が働かなくなる

 忙しいビジネスパーソンの中には、「毎日の仕事が忙しいから、昼食は摂らない」、「昼食を摂ると眠くなって仕事の効率が落ちるので、朝しっかり食べて夜まで食事をしない」「1日2食で十分」という人もいるかもしれません。

 しかし、昼食を抜くと仕事のパフォーマンスは落ちます。これは、人間の脳や身体の構造と関連している問題なのです。

 人間の脳を働かせるためには「グルコース」という物質が必要です。これは食事によって摂れる成分ですが、昼食を抜いてしまうと、夕食時までグルコースを持たせることはできません。いくら朝食をたくさん食べたとしても、必ず夕方頃には頭が疲れてしまいます。そのため、夜までしっかり働きたい場合は、昼食は必須です。

 

昼食の後に眠くなるのは摂り方が原因だった

 とはいえ、昼食はたくさん食べれば良いものではありません。たとえば「昼食を食べると眠くなる」という人は、摂り方を間違っているかもしれません。

 人間は、食べ物を一度に摂りすぎると、血糖値が急激に上がります。すると、血糖値を下げるために「インスリン」というホルモンが分泌されて、今度は急激に血糖値が下がり、眠気やだるさにつながるのです。

 このことから、昼食を摂るときには、(1)軽めにすること、(2)血糖値の上がりにくい食材を選ぶこと、という2点を守ることが重要なポイントになります。

 この2点をクリアするのが、「低GI食品」です。低GI食品とは、簡単にいえば消化の吸収に時間がかかる食品のことで、血糖値の上昇が緩やかになる性質があります。たとえば玄米ご飯、そば、ライ麦パンは… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

福谷 陽子

福谷 陽子

 
元弁護士。現在はライターに転身。ネット問題や相続、不動産、債務整理や交通事故、離婚などの各種の法律記事をはじめとして、税金や不動産、経営やITなどのジャンルで執筆を行っている。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter