オフイスで簡単!仕事の合間に体調を整える方法

肩こり、腰痛に効く!自席でできる簡単エクササイズ

2016.01.14 Thu連載バックナンバー

 仕事中、デスクでも無意識に首や肩を回したりしていませんか? 長時間の会議、エアコンの効いた室内、ブルーライトが煌々と照りつけるパソコンを見続けていれば、夕方頃にはすっかり疲労が蓄積。これでは仕事の能率も落ちてしまいます。

 今回は仕事中でもできるお悩み解消ストレッチを、ピラティス講師の廣瀬由仁子さんが教えます。疲れたなと思ったら実践して、仕事の能率アップを図りましょう!

 

はじめに体の歪みを確かめ、自分の体の癖を見つけましょう

 まずは体が歪んでいないかの確認からスタートです。壁にかかと、お尻、肩甲骨(けんこうこつ)、後頭部をぴったりつけてみましょう。4点ともぴったりくっつきましたか? 4点のうちどこかがくっつかない人、くっつけた時に膝が浮いたりする人は、体の歪みがあるサインです。

 男性は体型や筋肉のつき方などばかり注意し、体の歪みに目がいかないものですが、実はこの歪みが、体型の変化やコリ、腰痛などのマイナートラブルにつながっていくのです。この歪みは日々の姿勢の癖や筋力のバランスが悪いことが原因で、普段の生活から意識して改善していく必要があります。

 

まずは肩こりを和らげるエクササイズから

 一番多いお悩みは肩こりではないでしょうか。肩こりの原因は、同じ姿勢による筋肉の強張りや血行不良が考えられます。ここでは姿勢を整えて、肩甲骨をほぐすエクササイズを紹介します。

 まず、両肘と両手のひらを顔の前でぴったりと合わせます。その時、親指あたりが目の位置に来るようにします。(1)

 次にそのままの姿勢で、息をフーッと吐きながら指先を天井の方に引き上げてみましょう。(2)

 この時、目線の高さに肘が来るのが理想です。そのまま息を吸いながらゆっくりと肘を下ろします。呼吸は続けたまま、両方の肩甲骨を開くようなイメージで行ってみてください。上下上げ下ろしを10回セットずつ繰り返します。

 ポイントはお腹を引き締めながらすること。お腹の力が抜けていると効果は半減するので注意しましょう。

 

座りっぱなしで腰が辛い人には「ペルビックチルト」… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

キノシタ マユコ/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

キノシタ マユコ/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーライター・Graphic worker

広告プロダクションでディレクターとして勤務し、その後フリーライターとして独り立ち。現在はさまざまなジャンルの情報媒体の取材・執筆、グラフィックデザインやイラストまでも行う「Graphic worker」として活動中。元美容師という異色の経歴の持ち主。Instagram:womb_kinoco

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter