オトナの旅のススメ

冬だからこそ行きたい!道後温泉の魅力

2015.12.30 Wed連載バックナンバー

 日本の代表的なレジャーである温泉旅行。温泉地での楽しみは入湯以外にも、浴衣での温泉街そぞろ歩きがあります。この散策はいつの季節でも楽しいものですが、真冬の季節はやはり寒くて、ほどほどに宿に引き上げてしまいがちです。

 しかし、そんな冬にこそオススメしたい温泉地があります。それが、夏目漱石の「坊っちゃん」でお馴染み、愛媛県松山市の「道後温泉」です。今回は道後温泉の魅力を紹介します。

 

宿泊しなくても大丈夫!たった410円で伝統の湯が楽しめる

 我が国最古の温泉として「日本書紀」に登場するほどの歴史があり、特に有名な温泉の一つと言えるでしょう。この歴史ある名湯の象徴が、松山の市街地の東にある「道後温泉本館」で、ここを中心に道後温泉街が広がっています。

 道後温泉街には多くの温泉旅館が集まっていますが、道後温泉本館は宿泊施設のない公衆浴場です。つまり、宿泊しなくても、銭湯のように料金を払えば誰でも利用できます。

 道後温泉本館には、さまざまな料金設定がある点が特徴です。最もスタンダードなプランは、入浴に限定した「神の湯階下(410円)」ですが、「神の湯2階(840円)」というプランだと、入浴に加え、2階の大広間で休憩することができます。

 さらに「霊(たま)の湯2階(1,250円)」では、霊の湯という湯殿にも入浴できることに加え、専用の休憩室の利用や、皇室専用の浴室「又新殿(ゆうしんでん)」の観覧も可能。最上位の「霊の湯3階個室(1,550円)」は、霊の湯の利用、又新殿の見物に加え、個室の休憩ルームが用意されます。

 道後温泉本館が作られたのは1894(明治27)年のこと。120年以上もの長い歴史を誇る近代和風建築の外観は、宮崎駿監督の映画『千と千尋の神隠し』に登場する建物のモデルとなるほど。2009年には経済産業省の「近代化産業遺産」に認定されています夜になると窓から漏れる幻想的な灯りは、不思議な温かみが感じられます。

 

瀬戸内海特有の温暖な気候、冬のそぞろ歩きも大丈夫… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

中田 アキラ/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

中田 アキラ/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

銀行系SE、IT系プロダクトマーケティング、ネットリサーチを経てライターへ。通常のライティングに加え、アンケート調査を得意とし、広範な分野で企画から設計、ライティングまでの一連のアンケートコンテンツの実績を多数持つ。nakata@i-project.cc

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter