これからカメラを買う人へのアドバイス(第2回)

このシーンにはこれ!カメラを楽しむレンズの選び方

2015.09.25 Fri連載バックナンバー

 ミラーレス一眼や一眼レフの醍醐味と言えば「レンズ交換」。しかし、いざレンズを選ぶとなると膨大な種類のレンズを前に、戸惑ってしまう人も多いはず。

 そこで今回は、レンズの特徴やメリット、デメリットを紹介します。長短を知ることで、今自分がどんなレンズが必要としているのかがわかるのではないでしょうか。

 

まずはズームレンズで基本操作や撮り方を学ぶ

 まずは、近くのものから遠くのものまで幅広く撮影できる「ズームレンズ」を紹介しましょう。カメラ本体とズームレンズのセットは「レンズキット」という名称で販売されており、最もオーソドックスな商品です。

 最大の特徴はズーム機能により、自分が動かなくても被写体との距離感を変えて撮影できることです。近づいて撮影すると影ができてしまう料理や小さい物の撮影から、屋根の上の鳥や遠くのモニュメントを引き寄せて撮影するなど、活躍の場を選びません。

 ズーム倍率やレンズ構成によっていろんなものがありますが、外出先での撮影を念頭に置いているなら、やはりコンパクトさを重視しましょう。2本以上のレンズを持ち歩くとどうしてもかさばるので、携帯性は重要なチェックポイントです。

 その反面、ズームレンズはボケの効いた写真を撮影しにくいという欠点があります。背景をボケさせて被写体を引き立たせるような写真を撮影したい場合は、背景がボカしやすい「単焦点レンズ」の購入を検討しましょう。

 

料理や商品撮影ならマクロレンズ

 ズームレンズの次に購入するとすれば、マクロレンズがおすすめです。

 ズームレンズでもある程度寄った写真の撮影は可能ですが、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

北風 飛鳥/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

北風 飛鳥/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーITライター

スマートフォンアプリ、ボーカロイド、ボードゲーム、ミュージックなどの記事を得意とするITライター。“あすらん”の名でも活動。 「ニコニコ超会議2」では「超ユーザー記者」としても活躍した。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter