夏本番、ビジネスマンのための健康講座(第2回)

トクホの効果を活かし、上手に痩せるコツとは?

2014.07.23 Wed連載バックナンバー

 年を重ねるたびに年齢だけでなくお腹周りの脂肪の量も増えてきた――そんな悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。脂肪は減らしたいけれど、好きな食べ物は控えたくないし、激しい運動もしたくない。楽にダイエットができる方法がないものかと思っていませんか?

 そんな時に役に立つのが「特定保健用食品」、いわゆる「トクホ」です。近頃はテレビのCMや電車の中吊り広告などでトクホを目にする機会が多くなりました。でも、本当にトクホを使うことでダイエットはできるのでしょうか? 今回は、トクホの効果を最大限に引き出す方法をお教えいたします。

 

なぜトクホが健康に良いのか? 認定までの長い道のり

 トクホによるダイエット効果について触れる前に、そもそもトクホとは何なのでしょうか?

 なぜトクホがトクホであるのか、根本的な話ではありますが、その理由から探ってみましょう。

 トクホとは、言ってしまえば健康食品の1種です。しかし、普通の健康食品と違う所は、各商品に特定の効果(たとえば脂肪を燃やす、糖分の吸収を抑える、など)を期待できる機能性成分が配合されており、その効果が国から認められているという点です。トクホに認定されると、商品のパッケージなどに「特定健康用食品」のマークを掲出し、その効果を表記することができます。食生活の中にトクホを取り入れることで、健康な身体作りを促進するのがトクホ商品です。

 現在、トクホで認められた効果の種類には、エネルギーとして脂肪を消費しやすくする――、つまりダイエット効果があるもののほか、高い血圧を低下させる効果、血糖値が気になる人に適した商品など様々あります。しかし、こうしたトクホの効果は、誰がどのように確認し、保証しているのでしょうか? トクホの認可をしているのは消費者庁ですが、この認可を得るためには、保健所など公的な施設のチェックを乗り越える必要があります。

 トクホの承認を受けるために、メーカーはいくつかの申請をする必要があります。たとえばお腹の調子を整えるなどといった、商品に期待できる効果を表示するための表示許可申請書の提出で、これは保健所、都道府県政令特別区の審査を経て、最終判断をする消費者庁に送られます。そして消費者庁では、消費者委員会、食品安全委員会、厚生労働省からの意見を参考にしながら、許可・不許可の判断を下します。

 その中でもっともハードルが高いのが、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter