ラーメン評論家・大崎裕史の「ラーメン最前線」(第73回)

豚骨の街に新たな風!福岡で人気「非豚骨ラーメン」

2017.04.14 Fri連載バックナンバー

 「博多」と言えば「札幌」と並んで日本の二大ご当地ラーメンと呼ばれている。

 札幌が味噌ラーメンならば、博多は豚骨ラーメンである。圧倒的に豚骨文化、しかも細麺。長い間、それが続いている。たまに東京や地方の人気店が出店しても「豚骨以外」の味だと閉店していった、という歴史がある。ラーメンイベントをやっても他の地方なら地元では食べられない店が人気になるのだが、博多では豚骨ばかりに行列ができる。

 そんな「豚骨細麺文化」の街だが、少しずつ変わってきており、最近では「非豚骨」の人気店が増えてきている。今回はそんな新しい風を吹かせている4軒を紹介する。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

駅周辺に名店が密集!岡山の人気ラーメン店8軒
大崎 裕史

大崎 裕史

株式会社ラーメンデータバンク取締役会長 日本ラーメン協会理事

毎年駒沢オリンピック公園で開催されている東京ラーメンショー実行委員長。自称「日本一ラーメンを食べた男」(2016年11月で約23,000杯)として雑誌やテレビに出演。ラーメン集合施設やカップ麵などの監修も多数の実績あり。著書として「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)、「無敵のラーメン論」(講談社現代新書)、他。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter