ラーメン評論家・大崎裕史の「ラーメン最前線」(第6回)

2大ご当地ラーメンの一つ、札幌の「今」を食べる!

2014.06.25 Wed連載バックナンバー

 ラーメンと言えば「北は札幌、南は博多」と言われるほど、ラーメン店が多い。観光で訪れる人の中にもラーメンを楽しみにしている人も多いはず。今回は、そのうちの札幌最新オススメ情報を提供する!

 

麺屋彩未」(札幌市豊平区:2000年11月オープン)

 札幌の王者「彩未」がこの4月に移転した。滅多に再食をしない私だが、移転前含めて通算四度目の訪問をしてきた。それくらい好きな店なのだ。こちらは札幌で、いや全国でも有名な「すみれ」で修業をし、唯一暖簾分けを認められた店。(昨年2軒目の認定が出るまで10年もの間、この店だけだった)

 行列人気店なので開店一時間前に来てみたがそれでも約10人待ち。これはスゴイ!ところが行列店でもおごることなく、準備をして開店30分前に開けてくれたのだ。地方に行って開店前に並んでると中に入れてくれるケースはあるが、行列を見込んで準備をし、営業を早める店はなかなか見かけない。実に嬉しい心遣いである。こういう気配りができる店だからこそ、日々おいしいラーメンを提供できる、と言っても良い。さて、ここ数年、トップクラスの評価を続けていたお店だが、味は守られているのか?進化しているのか?… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

実は関東のご当地ラーメン「タンメン」の名店5軒
大崎 裕史

大崎 裕史

株式会社ラーメンデータバンク取締役会長 日本ラーメン協会理事

毎年駒沢オリンピック公園で開催されている東京ラーメンショー実行委員長。自称「日本一ラーメンを食べた男」(2016年8月で約23,000杯)として雑誌やテレビに出演。ラーメン集合施設やカップ麵などの監修も多数の実績あり。著書として「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)、「無敵のラーメン論」(講談社現代新書)、他。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter