ラーメン評論家・大崎裕史の「ラーメン最前線」(第21回)

主流の真逆“細麺あっさり”でも旨いつけ麺8軒!

2015.02.13 Fri連載バックナンバー

 つけ麺といえば「麺は太麺、スープは濃厚こってり」が主流。雑誌に良く出る話題店のほとんどがそう。しかし、その真逆である「麺は細麺、スープはあっさり」でも旨い店がちゃんとある。今回は変わり種も含めて、8軒を紹介する!

 

ミシュランでビブグルマンを取った名店「麺処 びぎ屋」(学芸大学)

 昨年末に発売された「ミシュランガイド東京2015」(日本ミシュランタイヤ刊)にも掲載された名店。こだわりのラーメンが圧倒的に人気なので初訪の場合は、ラーメンをオススメする。

 しかし、ここのつけ麺も抜群においしいのでぜひとも食べていただきたい。特に「太麺こってり」に食傷気味の方、目から鱗が落ちるはず。「こういうつけ麺もあるんだ〜!」と驚きと感動がやってくる。ここは限定メニューやサイドメニューを含め、どれもおいしい。おいしくなければメニューに加えない、という完璧主義の店主が作る新感覚のつけ麺だ。

 

フルコース感覚のゴージャスつけ麺「焙煎汐蕎麦処 金字塔」(赤羽)… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

実は関東のご当地ラーメン「タンメン」の名店5軒
大崎 裕史

大崎 裕史

株式会社ラーメンデータバンク取締役会長 日本ラーメン協会理事

毎年駒沢オリンピック公園で開催されている東京ラーメンショー実行委員長。自称「日本一ラーメンを食べた男」(2016年8月で約23,000杯)として雑誌やテレビに出演。ラーメン集合施設やカップ麵などの監修も多数の実績あり。著書として「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)、「無敵のラーメン論」(講談社現代新書)、他。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter