ラーメン評論家・大崎裕史の「ラーメン最前線」(第17回)

寒い冬には、旨辛ラーメンで身体をあたためよう!

2014.12.12 Fri連載バックナンバー

 12月になってめっきり寒くなってきた。本格ラーメンシーズンの到来だ。この時期はどんなラーメンでもおいしく感じられる季節。でも冬だからこそ、旨辛の刺激で身体をあたためよう!

 そこで今回は「旨辛ラーメン特集」。カプサイシン効果で健康増進を!

 

辛うまラーメンの代名詞「蒙古タンメン中本」(上板橋)

 「辛くてうまいラーメン!」略して「辛うま」と言ったら、それは「蒙古タンメン中本」の代名詞。激辛好きには聖地扱いの超有名店だ。

 実は1968年創業と、まもなく半世紀をむかえる老舗。私が初めてこの店を訪ねたのは、なんと37年前。まだ上板橋に1店舗しか無かった頃、この店の常連だった友人に連れられて来た。

 第一印象は「なんでこんな店に連れてくるんだ!(怒)」。しかし、一週間も経つと「この前の店にもう一度、連れてって」となっていた。最初は辛さで驚き、うまさを感じるまでに至らなかったが、元来辛い物も得意だった私にリベンジの気持ちが沸いてきたのだ。そして2回目にはまり、以来、東武東上線沿線に用事がある時は、可能な限り食べに行った。まさに「クセになる味」なのだ。

 一番人気の「蒙古タンメン」は、あっさりめの味噌スープに野菜がたっぷり。そこに辛目に味付けされた麻婆豆腐がトッピングされている。独特の中太麺がこれに合う。激辛好きには「北極ラーメン」というメニューもある。また辛さの調整やトッピング及び他のメニューも豊富でしかも、店舗によっていろんな限定メニューを提供。なので中本各店舗を回る「中本マニア」が急増中!辛いモノ好きは必食の店!店舗は上板橋本店のほか、西池袋、東池袋、新宿、渋谷、品川、目黒、御徒町、高田馬場、吉祥寺、町田、大宮、亀戸、秋津の全14店舗がある。

 

「カラシビ」で商標を取った、辛くて痺れるラーメン「鬼金棒」(神田)… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

実は関東のご当地ラーメン「タンメン」の名店5軒
大崎 裕史

大崎 裕史

株式会社ラーメンデータバンク取締役会長 日本ラーメン協会理事

毎年駒沢オリンピック公園で開催されている東京ラーメンショー実行委員長。自称「日本一ラーメンを食べた男」(2016年8月で約23,000杯)として雑誌やテレビに出演。ラーメン集合施設やカップ麵などの監修も多数の実績あり。著書として「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)、「無敵のラーメン論」(講談社現代新書)、他。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter