ラーメン評論家・大崎裕史の「ラーメン最前線」(第14回)

“ご当地”ではないが、いま仙台のラーメンが面白い!

2014.10.30 Thu連載バックナンバー

 全国のラーメンを紹介する際は「ご当地ラーメン」が優先されがち。なので、「ご当地」が無い地域のラーメンはあまり知られていない。

 仙台もご当地ラーメンがない土地だが、バリエーション豊富にいろんなラーメンがあり、そしてうまい店が多い!出張や観光で行った際にぜひ寄って欲しい5軒を紹介する!

 

らーめん くろく」(仙台駅東口徒歩2分)

 仙台駅の近くにあり、平日は24時までやっているので行きやすい。BARと間違えそうなスタイリッシュな店内なので、女性一人で食べても違和感なし。店主は激戦区・高田馬場「渡なべ」で修行、店主の渡辺氏も認める存在だ。

 写真はオススメの「しお」。鶏ベースのきれいなスープは芳醇な旨味。自家製の細麺はスープをうまく拾い上げて口内へ誘う。無化調(化学調味料を使わないこと)にこだわり、すっきりしながらも十分なコクがあり、一気に飲み干してしまった。せっかくなのでもう一杯、と「黒醤油」を頼んでみたら、見た目、麺、印象がまったく違って面白い。限定なども頻繁にやっており、引き出しの多さとまとめ方のセンスがある。仙台の先進的ラーメンだ。

 

麺匠ぼんてん」(仙台駅東口徒歩5分)… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

実は関東のご当地ラーメン「タンメン」の名店5軒
大崎 裕史

大崎 裕史

株式会社ラーメンデータバンク取締役会長 日本ラーメン協会理事

毎年駒沢オリンピック公園で開催されている東京ラーメンショー実行委員長。自称「日本一ラーメンを食べた男」(2016年8月で約23,000杯)として雑誌やテレビに出演。ラーメン集合施設やカップ麵などの監修も多数の実績あり。著書として「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)、「無敵のラーメン論」(講談社現代新書)、他。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter