ラーメン評論家・大崎裕史の「ラーメン最前線」(第11回)

肉好きなら喰わずにおれぬ!チャーシューメンの名店

2014.09.08 Mon連載バックナンバー

 「ラーメン二郎」が人気になっているように、ラーメン好きには“肉食”を好む人が多い。肉食のラーメンといえばチャーシューメンだが、ラーメン本やテレビ番組などでは通常メニューを紹介することが多く、チャーシューメンが取り上げられることは稀だ。

 しかし、店によってチャーシューメンのスタイルは大きく異なる。枚数勝負、ボリューム、塊、高さ、調理方法……などなど、同じチャーシューメンとはいえないほどさまざまな提供の仕方がある。

 そこで今回は、個性的なチャーシューメンを提供する店を紹介。チャーシューを腹一杯食べたい肉好きな方はぜひご一読を! なお、「二郎系」やそのインスパイア系のラーメンはあちこちで取り上げられているため、今回はあえて外しました。

 

神名備(かむなび)」(西日暮里)

 1999年創業なので、もはや老舗の域に近づいている。開店当初に人気になった、透き通るようなスープが特徴の塩ラーメン「神名備そば」は今は封印され、チャーシューを主体としたスタイルに変えていた。こちらのチャーシューメンの特徴は言うなれば「高さ&柔らかさ」。値段も1,836円と、今回紹介する中では最高峰。しかし、実に柔らかくておいしい。チャーシューの下にはもやしなどがあり、高くそびえている盛り付けも様になっている。

 なお、ここのデザート「正式杏仁豆腐」は、ラーメン店のデザートしてはトップクラスのうまさなので、一緒に食べて欲しい。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

実は関東のご当地ラーメン「タンメン」の名店5軒
大崎 裕史

大崎 裕史

株式会社ラーメンデータバンク取締役会長 日本ラーメン協会理事

毎年駒沢オリンピック公園で開催されている東京ラーメンショー実行委員長。自称「日本一ラーメンを食べた男」(2016年8月で約23,000杯)として雑誌やテレビに出演。ラーメン集合施設やカップ麵などの監修も多数の実績あり。著書として「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)、「無敵のラーメン論」(講談社現代新書)、他。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter