タケ小山の「魔法のゴルフ上達術」(第4回)

『便利屋』&『大好きな一本』

2014.03.29 Sat連載バックナンバー

 たった4回のコラムで、しかも!コラムを読むだけでみなさんのゴルフを劇的に変えるという魔法のようなお話です。ゴルフスイングに手を加えることなく、スコアを縮めるというのですからこれからお話することをじっくり考えながら読んでください。もしあなたのゴルフの中にあてはまるモノがあればそれを改善するだけで、スコアアップ間違いなしです。お約束いたします。さて、シリーズ最後となる第4回目は、とっておきのクラブの話を。

 

『便利屋』……どんな状況でも頼れる一本

 一昔前、そう、あれは私がゴルフを始めた昭和47年。ゴルフクラブのセットは、ウッドが4本(ドライバー、3W、4W、5W)、アイアンが3番から9番、ウェッジがPW、SW、パターの14本でした。舶来品で奢侈品(しゃしひん)。日本国から物品税証紙なる銀色に輝くステッカーがシャフトに妙に主張しながら貼ってあったのを覚えていらっしゃる方も少なくないのではないでしょうか。時代は変わり、このようなクラブセットでプレーする人を見ることはなくなりました。

 その大きな要因と言えるのが、クラブの『便利屋』の出現です。『便利屋』――これを英訳すれば“utility(ユーティリティー)”。ゴルフショップでは、“UT”なんて表記してあるモノが数多く商品化されて多くのスペースを取って販売されていると思います。アイアンのようでアイアンではなく、ウッドのようでウッドではない。では、一体どんなクラブなのか?… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

小山 武明

小山 武明

ゴルフ解説者・プロゴルファー

1996年、世界初の米国ゴルフ専門局・ザ・ゴルフチャンネルでの解説スタート当初から、視聴者からのFAXやメールを使い双方間放送を実現。
米国在住ながら各メディアからの執筆、コメント依頼などが殺到。同時に解説者としても認知された。08年には早稲田大学大学院にてスポーツマネジメント・スポーツ科学修士を終了し、各界のスポーツ関係者との親交も深い。数年に渡り、年間40試合×4日間×3時間放送(年間480時間)のゴルフトーナメントを担当してきた解説は、他の追随を許さない。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter