ゴルフの上達はクラブ選びから(第4回)

100切りのためのクラブ選び術!パター編

2014.01.31 Fri連載バックナンバー

 ゴルフが上手くなるにはどうすればよいのでしょうか。「ともかく練習?」「いやいや、まずはスイング理論を勉強しないと」「手っ取り早く、レッスンか……」などなど、人それぞれの上達法があるでしょう。しかし、すべてのゴルフファーに共通するのは「必ずゴルフクラブが必要」であるという事実。そこで、これまであまりゴルフクラブに頓着してこなかった方々に、あらため「クラブ選びの大切さ」を伝授いたします!

 

「パターに型無し」とはいうけれど…

 100切りを目指すゴルファーにオススメする「クラブ選び術」の最終回は、パター編です。パターは、ホールアウトを締めくくる重要なクラブであるとともに、これまでのクラブが「スイングをしてボールを飛ばす」という目的であったのに対し、パターは感覚が重要視されるクラブ。距離感を合わせ、打ち出すラインに乗せて転がしていくタッチが必要なわけで、まさに“ゴルファーごとの感覚”が求められるクラブになります。

 また、昔からスイングにおける理論やレッスンは数多くあるものの、パッティングに関しては、プレーヤーの感覚ありき……という風潮も強く、プロの世界でも個性的なパッティングスタイルの選手が多いと思います。「パターに型無し」という言葉は、そういった背景から生み出されたものでもあるのです。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

田中 義博

田中 義博

ゴルフを企業テーマとする株式会社スポーツハウス(http://www.sports-house.jp/company.html)にて、ゴルフコンテンツの企画・編集・執筆に携わる。
「新・間違いだらけのゴルフクラブ選び」ほか、ゴルフ雑誌等への執筆協力も多数。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter