世界遺産が世界遺産である理由(第12回)

自宅で楽しむ世界遺産 ~ルイ14世と信長のワイン

2014.05.22 Thu連載バックナンバー

 世界遺産を訪ねたい! そう思っても時間もお金も掛かるし、海外の世界遺産に行くのはそんなに簡単なことではない。

 でも、「訪ねる」以外にも世界遺産を楽しむさまざまな方法がある。今回はトカイワインポートワインを通して「味わう」という世界遺産の楽しみ方を紹介したい。

 

「ワインの王」トカイワイン

 「私の中には太陽が宿っている」と言い放ち、神の使いとして地上を治めることを宣言したフランス国王ルイ14世。ベルサイユ宮殿(世界遺産)を建設し、フランス料理(無形文化遺産)を確立して絶大な権勢を世に知らしめた。

 フランス産のワインを愛するルイ14世だったが、黄金色に輝くハンガリー産のワインを口に含むやこう叫んだという。

 「これぞ王のワイン。これぞワインの王」

 これ以来、世界中の王がこのワインを買い求めたという。

 このワインを生産しているトカイ村にはこんな伝説が残っている。

 17世紀のある秋、オスマン帝国がこの地に攻め込んで来ると、村人たちはブドウの収穫をあきらめて村から待避する。村人にとってワイン生産はほとんど唯一の生活の糧。帝国軍が去ったあと大急ぎで帰還するが、ブドウは腐敗していて干しブドウのように変形していた。

 人々はあきらめ切れず、そのブドウを収穫してなんとかワインを醸造する。そしてできあがったワインを口にして驚愕した。

 「なんて高貴な腐敗なんだ!」

 貴腐ワイン・トカイの誕生だ。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

世界遺産を味わう:メキシコの魂 テキーラ
長谷川 大

長谷川 大

世界遺産&旅行ライター

横浜国立大学卒業後、出版社勤務。三国志・戦国時代・幕末・ギリシア神話など、歴史ものを中心に編集・ライティングを行う。世界一周の旅を経てフリーの編集者・ライターとして活動中。これまでの訪問国数は68か国、世界遺産は182か所。All About「世界遺産」公式ガイド。http://allabout.co.jp/gm/gt/563/

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter