城メグリスト・萩原さちこの「名城に学ぶ」(第3回)

熊本城/築城名人・加藤清正の最高傑作

2014.01.14 Tue連載バックナンバー

 こんにちは。城メグリストこと城郭ライターの萩原さちこです。前回の江戸城の記事はいかがでしたか?人気の城や話題の城にスポットを当て、魅せられる理由や感じたことを、時にビジネス視点も交えながらお伝えしていくこの連載。第3回は、熊本城(熊本県熊本市)です。

 

入城者数全国第2位!人気の理由とは

 熊本城は、一年を通して観光客が絶えない人気の城です。本丸御殿の一部が復元された2008(平成20)年度の入城者は約222万人を記録し、全国城郭管理者協議会による全国48ヶ所の城郭入城者数ランキングで第1位に。その後も人気は衰えず、2012年度の入城者数は157万9,900人と、2年連続で全国第2位を記録しています。

 残念ながら、現在の大天守と付属する小天守は、デザインや大きさを忠実に再現した外観復元です。幕末までは残っていたものの、西南戦争の際に消失してしまいました。

 城というと、一般的に思い浮かぶのは天守。ですから、天守が現存でないと城としての価値が下がるように思いがちです。しかし、城の見どころは天守だけではありません。熊本城は、そのことを初心者にも実感させてくれる名城です。

 

大きさも美しさも天守に匹敵!現存する宇土櫓

 熊本城の大きな見どころは2つあります。ひとつは、11棟の現存櫓です。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

備中松山城/雲海に浮かぶ、日本で唯一の現存天守
萩原 さちこ (城メグリスト)

萩原 さちこ (城メグリスト)

城郭ライター、編集者

執筆業を中心に、メディア出演、講演、講座もこなす。著書に『わくわく城めぐり』(山と渓谷社)、『戦国大名の城を読む』(SB新書)、『日本100名城めぐりの旅』『「現存」12天守めぐりの旅』(学研パブリッシング)、『お城へ行こう!』(岩波ジュニア新書)など。『月刊歴史読本』(KADOKAWA)で「萩原さちこのこだわり城郭探訪」連載中。文化財石垣保存技術協議会会員、日本城郭検定公式サポーター。公式サイトはhttp://46meg.jp

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter