聖地巡礼!有名チェーン1号店を訪ねて(第2回)

米国を身近にした!ハンバーガー店の聖地探訪

2013.11.17 Sun連載バックナンバー

 今回の「聖地巡礼!有名チェーン1号店を訪ねて」は、ハンバーガーショップの1号店を巡ってきました。アメリカ大衆文化の代表的な存在で、「歩き食べ」がカッコイイとされるなど、日本の食に大きな影響を与えたハンバーガーチェーンの聖地にあなたも出かけてみませんか?

 

日本の食文化を変えたハンバーガーチェーンの聖地、銀座!

・マクドナルド1号店(銀座店/東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越内)

マクドナルド2号店 日本マクドナルドの1号店があったのは東京・銀座4丁目交差点近く。オープンしたのは今から40年以上前の1971年7月のことです。
 日本マクドナルド初代社長の故・藤田田(でん)氏は「銀座で話題になれば必ず成功する」と、1号店を郊外に開業したいと考えていた米国本社の意見に反対し、銀座三越に直談判。中央通りに面したスペースを間借りしてわずか40時間で改装し、座席なしのテイクアウト店(45平方メートル)を造ったという伝説が残っています。
 1970年8月から日曜・祝日に始まっていた銀座の歩行者天国で、ハンバーガーをほおばりながら闊歩するナウなヤングやニューファミリーたちの様子がカッコイイと、一大ブームを巻き起こしました。
 1号店はその後、1984年に三越近くの晴海通り沿いに移転した後、2007年に周辺の再開発に伴い閉店(※上掲の写真は2号店です)。現在は新宿の本社内にその姿が復元されているそうです。
 日本マクドナルド自体は、周知の通り、全国約3,300ヶ所に店舗を拡大し、圧倒的な業界トップとなっています。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

黒木 泰二郎/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

黒木 泰二郎/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーランスライター&コピーライター、ディレクター

広告制作会社から独立後、フリーランスライターとして新聞、雑誌、ウェブなどさまざまなメディアで活躍。得意分野はIT、オーディオ、自動車、教育、保険、住宅など。取材・執筆をはじめキャッチコピー、ネーミング、販促企画、翻訳リライトなど多様なライティングニーズに対応可能。
Facebook: http://www.facebook.com/taijiro.kuroki

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter