聖地巡礼!有名チェーン1号店を訪ねて(第1回)

日本人の生活を変えたコンビニの聖地を探訪!

2013.11.09 Sat連載バックナンバー

 いつも行くあのお店。でもその1号店は、他の店にはない特別なオーラを発しています。その理由はそこには創業者の想いが詰まっているからではないでしょうか? 今回から始まる「聖地巡礼!有名チェーン1号店を訪ねて」第一回はコンビニエンスストアの1号店を巡ってきました。機会があれば、あなたも巡礼の旅に出かけてみませんか?

 

プロジェクトXも取り上げた!日本のコンビニチェーンの聖地!

・セブン-イレブン1号店(豊洲店/東京都江東区豊洲 4-6-1)

 東京湾岸・地下鉄有楽町線・ゆりかもめ豊洲駅至近、高層ビルが立ち並ぶ大通り沿いに、国内約15,000店舗を擁し、コンビニ業界最大手である「セブン-イレブン」の国内1号、豊洲店はあります。セブン-イレブンが豊洲の地に設けられたのは同地で営業していた酒屋「山本茂商店」がフランチャイズ第1号になったからです。今から39年前の1974年5月15日、豊洲1号店オープン当日は雨。最初の客は工場関係者らしいジャンパー姿の男性で、朝7時の開店と同時に来店し、サングラスを買っていったという伝説が残っています。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

黒木 泰二郎/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

黒木 泰二郎/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーランスライター&コピーライター、ディレクター

広告制作会社から独立後、フリーランスライターとして新聞、雑誌、ウェブなどさまざまなメディアで活躍。得意分野はIT、オーディオ、自動車、教育、保険、住宅など。取材・執筆をはじめキャッチコピー、ネーミング、販促企画、翻訳リライトなど多様なライティングニーズに対応可能。
Facebook: http://www.facebook.com/taijiro.kuroki

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter