職場や得意先で話のネタになる!注目サイト&アプリ(第5回)

来年始まるNISAなら税金ゼロで投資家デビュー

2013.10.06 Sun連載バックナンバー

 1人100万円/年、総枠500万円まで投資の利益・配当が非課税に!イギリスで成功したISAをモデルにした「NISA」(ニーサ/少額投資非課税制度)は国内で大きな広がりが期待されています。この10月から専用口座開設の受け付けが始まり、2014年1月に運用開始されるこの制度の概要、メリット、リスクについて解説しているサイト「価格.com マネー NISA(ニーサ)/日本版ISA /少額投資非課税制度 口座比較」を紹介します。

 

2014年1月から投資利益・配当への課税が10%から20%と2倍に!

 NISA(ニーサ/少額投資非課税制度)は、10年前から継続的に実施されてきた証券優遇税制(20%→10%)が2013年末に廃止されるため、それに替わる優遇措置として導入が決まった税制優遇制度です。NISAは、100万円/年、総額500万円までと利用額に制限がある半面、完全非課税になっているなど、若年層や小口投資家に配慮した内容になっています。
 NISAは、1999年にイギリスで導入され、資産形成・貯蓄の手段として国民の約4割が利用しているISA(Individual Savings Account)をモデルに設計されているため「日本版ISA」とも呼ばれています。
 こうしたNISAについて解説したサイト「価格.com マネー NISA(ニーサ)/日本版ISA /少額投資非課税制度 口座比較」を見てみましょう!

 

金融機関別NISA口座の取扱商品やキャンペーン一覧表を掲載

 このサイトで解説しているのは以下です。
◯「NISA」概要
◯「NISA」を利用するには
◯「NISA」を始めるために今できること
◯「NISA」の背景と英国での事情
◯「NISA」のリスクとデメリット
◯Q&A             等

 これらに加えて、サイトでは、銀行と証券会社など各金融機関別取扱商品やキャンペーンの一覧表を掲載しています。利用者が開設できるNISA専用口座は、現時点では一つだけであるため、慎重な選択が求められます。この一覧表を見ると、金融機関ごとの取扱商品やキャンペーン運用状況が一目でわかり、口座を比較するうえでは大変便利です。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

黒木 泰二郎/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

黒木 泰二郎/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーランスライター&コピーライター、ディレクター

広告制作会社から独立後、フリーランスライターとして新聞、雑誌、ウェブなどさまざまなメディアで活躍。得意分野はIT、オーディオ、自動車、教育、保険、住宅など。取材・執筆をはじめキャッチコピー、ネーミング、販促企画、翻訳リライトなど多様なライティングニーズに対応可能。
Facebook: http://www.facebook.com/taijiro.kuroki

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter