元客室乗務員が教える経営者のためのビジネスマナー(第12回)

手土産の選び方、渡し方のポイント

2013.12.28 Sat連載バックナンバー

 皆さまこんにちは。私は株式会社ミントスのビジネスマナーインストラクターの大石信子でございます。前回の「スマートな旅の楽しみ方」はお読みいただけましたでしょうか?

 今回はよく研修の際ご質問いただく手土産についてお話したいと思います。

 

手土産の選び方

 手土産と一口にいってもいろいろあります。例えば地方出張に行く際、何を持っていこうか頭を悩ませます。事前に用意する場合もありますが、特殊なものでなければ空港で買い求めることが多いでしょう。空港ターミナルにはそれこそデパート並の品ぞろえがありますので、買うものが決まっていれば空港でお求めになることをお勧めします。重い荷物を持って移動するのは極力避けたいですし、時間の節約にもつながります。お忙しい皆さまには一番便利なショッピングスポットではないでしょうか。

 手土産にはスウィーツをお選びになる場合が多いと思います。話題になっているスウィーツやなかなか手に入らないスウィーツなどですと同じものでも付加価値が加わり喜ばれます。「クラブノックス麻布」のフォンダンショコラ(残念ながら空港では手に入りません。一日限手35本というプラチナスウィーツです)や一時期話題になった「堂島ロール」などがこれに当たります。口に入れた途端口の中いっぱいに広がる幸せは本当にうれしいです。無難なところで人気なのは「小川軒」のレイズン・ウィッチや「洋菓子舗ウエスト」のドライケーキ(これは私も大好物です。日持ちもしますし、自信を持っておすすめできます)などでしょうか。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

大石 信子

大石 信子

株式会社ミントス 取締役副社長

日本航空株式会社 客室乗員部 国際線客室乗務員・ビジネススクールスチュワーデス課講師・JALコーディネーションサービス(現JALアカデミー)接遇マナーインストラクター・大手金融機関CS指導員を経て2007年に株式会社ミントスを設立、取締役副社長に就任。2008年より城西国際大学観光学部ビジネスマナー講師として教鞭をとる。
接遇マナーインストラクターとして20余年、主に金融機関、介護福祉施設を中心に年間100回近くの研修、講演の依頼がある。
株式会社ミントス http://mintos.jp

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter