ワインを楽しみ、人生を楽しむ(第9回)

いよいよシーズン到来!ボージョレ・ヌーボー

2013.11.13 Wed連載バックナンバー

 皆さまこんにちは。株式会社ミントスのビジネスマナーインストラクター大石信子でございます。前回の「甲州ワインに特化し、世界を見据える老舗ワイナリー」はお読みいただけましたでしょうか?
 今回は新酒の季節到来、「ボージョレ・ヌーボー」のお話です。

 

「ボージョレ・ヌーボー」初荷

 今年も11月5日早朝、パリからのJAL042便で羽田空港にフランス産の新酒「ボージョレ・ヌーボー」の初荷が到着しました。毎年、初荷はこの時期にパリ発のJAL便で届きます。今年の初荷は1万5千本にもなります。今年は5月の天候が不順でぶどうの開花がおくれたのですが、夏の天候は良かったため、小粒ですが味の濃いぶどうが収穫できたそうです。サントリーの広報によると「豊かな香りと凝縮感のあるフルーティな味わいに仕上がった」そうです。今から解禁日が楽しみです。

 

本国より早い「ボージョレ・ヌーボー」解禁日

 この季節になるとあちこちでボージョレ・ヌーボーの解禁日やパーティーの話題が増えてきます。
 1967年、フランス政府はボージョレ・ヌーボーの解禁日を11月15日に定めました。フランスのワイン法は、この日の午前0時になるまで「ボージョレ・ヌーボー」を販売することも飲むことも禁止しています。しかし、この日が土日や祝日になると運送がストップして出荷できない場合もあり、1985年、現在の「11月の第3木曜日午前0時」を解禁日としました。今年は11月21日(木)に当たります。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

大石 信子

大石 信子

株式会社ミントス 取締役副社長

日本航空株式会社 客室乗員部 国際線客室乗務員・ビジネススクールスチュワーデス課講師・JALコーディネーションサービス(現JALアカデミー)接遇マナーインストラクター・大手金融機関CS指導員を経て2007年に株式会社ミントスを設立、取締役副社長に就任。2008年より城西国際大学観光学部ビジネスマナー講師として教鞭をとる。
接遇マナーインストラクターとして20余年、主に金融機関、介護福祉施設を中心に年間100回近くの研修、講演の依頼がある。
株式会社ミントス http://mintos.jp

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter