一歩前へ行くためのビジネスマナー

出来る人がやっているメールの書き方の工夫

2013.03.20 Wed連載バックナンバー

 こんにちは。ドクターエステ・コスメ専門サイト「キレナビ」編集長の伊藤春香です。普段は編集長をやりながら、週末作家としての活動を続けています。ここからの文章は、自分の普段の文体になりますので、ちょっとほかの方のコラムとテンションが違うかもしれませんが、前回の美容記事(「お医者さんが施術する美容法……エステでも整形でもない「美容医療」とは?」)からガラっと文体も内容も変えて、普段考えていることなどをお届けしますので、休憩時間などにお読み頂ければ幸いです。

 

仕事が出来る人は○○と××が速い!

仕事が出来る人は決断とメールが速い。
そうでない場合ももちろんあるけれど、
そして、私が単に返事の速い人が好きだということも
大いに関係があるかもしれないけれど、
とにかく、レスが速いと気持ちいいのは確か。
そして多くの場合、
レスが速いとその分「ケアしてくれている」と
相手に思わせることが出来て、
信頼も一緒についてくる。

仕事が出来る人は○○と××が速い!けれど、出来る人であればあるだけ、
多くの仕事と対峙し、
処理すべき情報、下すべき決断は多いはず。

だからこそ、日々のメールの作法には
その人なりの工夫が宿されていると思うのです。

定型文がワンアクションで出るようにするなどの
テクニック的なことはもちろん、
メールの書き方が、とにかく、
相手のことを考えていて、
無駄がなく、簡潔。
言いたいことは言っていて、
言いにくいことも時には言っていて、
それでいて礼節を欠いたような印象は
相手に微塵も感じさせず
むしろケアしてくれている印象で
受け取った側が満たされる。

そういう人のメールの工夫を分析して
私が学んだことは

・メールのやりとりの中に
その人の人となりのわかるエピソードや
独特の言い回しが入っているメールは
相手との距離を縮めるということ。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

伊藤 春香

伊藤 春香

美容クーポンサイト「キレナビ」編集長

1986年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。在学中に「クリスマスまでに彼氏をつくる」「世界一周をタダでする」などのプロジェクトを行ない、女子大生カリスマブロガーと呼ばれる。2009年電通入社。2011年12月、トレンダーズに転職し、美容クーポンサイト「キレナビ」編集長に。最新刊「自分の強みをつくる」が好評発売中。ネット上での愛称は「はあちゅう」。
ブログ:「はあちゅう主義。」 http://ameblo.jp/haruka-ito/

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter