脱ガラケー!お父さんのための後悔しないスマホ選び&活用術(第6回)

気になるスマホの利用料金をスマートにする節約術!

2013.03.11 Mon連載バックナンバー

 フィーチャーフォン(以下、ガラケー)からスマホにすると料金プランが変わり、一般に月々の支払料金は高くなります。通話料には無料分は含まれず、データ通信料は5,980円(使い放題/7GB超速度制限)とガラケーのパケット定額上限額4,410円よりも高額だからです。どうしたら月々の使用料を削減できるのか? スマホユーザー必見の節約術をお届けします。

 

通話利用が多い人は「通話割引オプション」の加入を!

通話利用が多い人は「通話割引オプション」の加入を! スマホの通話料プランには、ガラケーのような無料通話分がなく、一律30秒21円に設定されています。そのため、通話する機会の多い人は、通話料金が高くなるので注意が必要です。そこで、NTTドコモ利用者で通話利用が多い人は、「Xiカケ・ホーダイ(クロッシィ・カケ・ホーダイ)」に加入しましょう。無料対象はドコモだけですが、日本の携帯利用者の約半数がドコモなので、固定ではなく携帯電話を利用すれば、ある程度は通話料を節約できるでしょう。auとSoftbankは、他社の携帯電話だけでなく固定電話向け通話料も半額になる「通話ワイド24」「Wホワイト」がオススメです。

 

パケット定額はまず固定プランを選択し、状況を見て変更を検討

 スマホでは必然的にインターネット接続が多くなるので、パケット定額制への加入は必須です。各携帯キャリアが提供する2年間継続利用を条件に毎月割引する「月々サポート」「毎月割」「月月割」もパケット定額制への加入が前提になっています。また、NTTドコモとSoftbankでは速度制限の上限が異なる2つの固定定額プランと、利用料に応じて変動する段階式定額プランを利用できます。この2つの場合なら、まずは固定定額で契約して、使用状況に合わせてプランを変更するのがよいでしょう。

 

無料通話アプリを使用すれば、通話料を節約可能!

 スマホでは、無料または格安で音声電話が使えるアプリも使えます。現在国内で最も普及しているアプリが… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

黒木 泰二郎/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

黒木 泰二郎/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーランスライター&コピーライター、ディレクター

広告制作会社から独立後、フリーランスライターとして新聞、雑誌、ウェブなどさまざまなメディアで活躍。得意分野はIT、オーディオ、自動車、教育、保険、住宅など。取材・執筆をはじめキャッチコピー、ネーミング、販促企画、翻訳リライトなど多様なライティングニーズに対応可能。
Facebook: http://www.facebook.com/taijiro.kuroki

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter