脱ガラケー!お父さんのための後悔しないスマホ選び&活用術(第4回)

パソコンと連携してスマホをさらに便利に

2013.02.27 Wed連載バックナンバー

 スマートフォン(以下、スマホ)は、メール、カメラ、音楽プレイヤーなど本体に備わった機能だけでなく、パソコンと連携させて使うことで真価を発揮! ブックマーク共有をはじめ、受信メールの一括管理、クラウドを介した文書データの閲覧・編集など、プライベートのみならずビジネスシーンでも使える一歩進んだスマホ活用術を紹介します。

 

【1.ブックマークの連携】
よく見るウェブサイトのリストをスマホでも連動可能

【1.ブックマークの連携】よく見るウェブサイトのリストをスマホでも連動可能 スマホとパソコンの連携するうえでは最もよく使われるのが、ブラウザのブックマーク(お気に入り)の共有機能です。iPhoneにプリインストールされている「Safari(サファリ)」は、この機能を備えています。アップル製パソコンのSafari上で設定したブックマークをApple IDでログインすれば、iPhone版Safariでも閲覧でき、あとで読みたい記事を保存しておける「リーディングリスト」も共有可能です。また、Android端末の場合は、グーグルのブラウザ「Chrome(クローム)」でブックマーク共有ができます。

 

【2.メールの連携】
パソコンメールとGメールを一括管理して効率的に活用

 スマホは、ガラケーのようにプロバイダーのサイトで転送設定をしなくても、パソコンに来たメールを閲覧・返送が可能です。

iPhoneiPhoneの場合、ケータイメール(キャリアメール)やSMS(ショートメール)に用いるチャット機能のような「メッセージ」と、パソコン用メールをはじめ、Gmail(ジーメール)、Hotmail(ホットメール)なども設定できる「メール」があります。この「メール」アプリで、これら外部からのメールを閲覧・返送できるので、一括管理しやすいスマホだと言えます。

Android

一方、Android端末は、ケータイメール、Gmail、パソコン用メールの3つのアプリが別々に搭載されています。そこで、Gmailとパソコン用メールは、一つのアプリで一括管理できるように設定変更するのをおススメします。例えば、パソコン用メールアプリでGmailを受信する場合は、「アカウント追加」を選択し、メルアド、パスワードを入力すれば簡単に設定でき、両方のメールを一括管理できるようになるので、端末の使い勝手も向上するでしょう。

 会社のメールアドレスもスマホに設定できますが、パスワードなどの入力が必要です。そこで、まず個人のスマホ連携できるかどうかを社内の情報システム部などに問い合わせてください。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

黒木 泰二郎/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

黒木 泰二郎/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーランスライター&コピーライター、ディレクター

広告制作会社から独立後、フリーランスライターとして新聞、雑誌、ウェブなどさまざまなメディアで活躍。得意分野はIT、オーディオ、自動車、教育、保険、住宅など。取材・執筆をはじめキャッチコピー、ネーミング、販促企画、翻訳リライトなど多様なライティングニーズに対応可能。
Facebook: http://www.facebook.com/taijiro.kuroki

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter