脱ガラケー!お父さんのための後悔しないスマホ選び&活用術(第2回)

スマホ選びのコツ(前編)~iPhoneかAndroidか?

2013.02.13 Wed連載バックナンバー

 フィーチャーフォン(以下、ガラケー)からスマートフォン(以下、スマホ)に乗り換える時に、最初に直面するのは、アップルのiPhoneかグーグルのAndroid(アンドロイド)端末か、一体どっちを選んだらいいかという問題です。今回は、この2つの違いや選ぶうえでのコツを紹介したいと思います。

 

デザイン性や操作性、アップルのサービスとの連携を重視するなら「iPhone」

デザイン性や操作性、アップルのサービスとの連携を重視するなら「iPhone」 iPhoneは、世界で最も売れているスマホで、一つのモデルしか製造されていません。「iOS」というOSが搭載され、アップル元CEOの故スティーブ・ジョブ氏が徹底してこだわった高いデザイン性や直感的に使える操作性に定評があります。最新型であるiPhone5は画面サイズが4インチに大型化されましたが、逆にボディは軽量化とスリム化を実現しています。また、iPhoneの魅力として、アップルが提供するさまざまなサービスと連携できることもあります。音楽配信サービス「iTunes(アイチューンズ)」をはじめ、アップル製のパソコン、iPad、iPod touchなどの端末のデータをクラウド上で管理・共有できる「iCloud(アイクラウド)」も利用可能。さらにアップルが運営する「App Store(アップストア)」で提供している豊富なアプリをダウンロードできます。

 

多種多様な機種から自分に合った一台を選ぶなら「Android」

多種多様な機種から自分に合った一台を選ぶなら「Android」 一方、Androidはグーグルが開発したモバイル機器用OSで、さまざまな企業と組んでオープンな世界をつくることを志向している点ではアップルとは大きく異なります。世界中のメーカーがAndroidを搭載したスマホを製造しているので、デザインやサイズ、機能などが異なる、さまざまな機種から自分に合った一台が選べるのが魅力です。また、Androidスマホはカスタマイズの自由度が高いのが大きな特徴で、ホーム画面などのデザインを自分仕様に変えることができるのもiPhoneとは異なる点だと言えます。
 現在、Android端末は、おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信などの日本独自の機能にも対応。Android向けへの音楽や映像配信サービスも増え、「Google Play Store(グーグル プレイ ストア)」で提供されるアプリの数も「App Store」と大体同じだと言われています。

 

iPhone vs Androidは、自分のライフスタイルにマッチしているかで選択!

 現在ではスマホ全体の性能が大きく向上したため、iPhoneでもAndroid端末でも快適に使用できると思います。ただ、それぞれに強みや弱みがあるのも事実なので、以下の項目でどちらに優位性があるかを紹介します。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

黒木 泰二郎/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

黒木 泰二郎/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーランスライター&コピーライター、ディレクター

広告制作会社から独立後、フリーランスライターとして新聞、雑誌、ウェブなどさまざまなメディアで活躍。得意分野はIT、オーディオ、自動車、教育、保険、住宅など。取材・執筆をはじめキャッチコピー、ネーミング、販促企画、翻訳リライトなど多様なライティングニーズに対応可能。
Facebook: http://www.facebook.com/taijiro.kuroki

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter