やっぱりスゴかった!! 今振り返るバブル黄金伝説(第2回)

会社説明会参加に手当支給!?ヤバ過ぎる就活事情

2013.09.09 Mon連載バックナンバー

 バブル時代のスゴさを今の若い世代に伝えるシリーズ2回目は、学生の就職活動やキャンパスライフに関する黄金伝説です。就職難といわれる昨今とは真逆!完全な売り手市場の時代を謳歌した学生たちの就職活動やキャンパスライフについて紹介します。

 

現在ではとても信じられないほど恵まれた就職活動

 企業は事業規模拡大や経営多角化を図るために学生の確保に躍起になっていたバブル期。新卒求人倍率は2倍を超え、ほとんどの学生が選り好みさえしなければ就職できたという夢のような時代でした。

 

就職活動に関するバブル黄金伝説

就職活動に関するバブル黄金伝説★ 一流レストランで学生は接待攻めに!
 大学OBのリクルーターたちから高級レストランに呼び出され、コース料理に舌鼓を打ちながら熱心に入社を勧められた人も多かったようです。中には銀座に飲みに連れていってもらうなど、社会人が学生を接待攻めにしていました。

★「拘束旅行」で内定者を隔離!
 当時の就職協定では、大学4年生の8月20日会社訪問開始、11月1日内定解禁となっていました。しかし、5月から企業が学生に接触し始め、8月20日の会社訪問解禁日は実質的に内定式といわれました。この内定式では、他の会社に内定者を取られないようにするために、いわゆる「拘束旅行」が公然と行われました。中には豪華客船でのクルージングや海外のリゾート地に連れていくケースもあったそうです。

★会社説明会に参加すると交通費+手当付き!
 会社説明会に参加すると、交通費支給は当たり前で、手当と称する現金や商品券(1万円程度)を支給する企業も多かったといわれています。地方の学生で東京に就職活動した場合は飛行機代や新幹線代も全額支払われるため、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

黒木 泰二郎/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

黒木 泰二郎/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーランスライター&コピーライター、ディレクター

広告制作会社から独立後、フリーランスライターとして新聞、雑誌、ウェブなどさまざまなメディアで活躍。得意分野はIT、オーディオ、自動車、教育、保険、住宅など。取材・執筆をはじめキャッチコピー、ネーミング、販促企画、翻訳リライトなど多様なライティングニーズに対応可能。
Facebook: http://www.facebook.com/taijiro.kuroki

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter