流行りものリターンズ(第4回)

60~70年代は金の鉱脈? 特撮ヒーロー深掘り

2013.08.27 Tue連載バックナンバー

 テレビが娯楽の中心だったころ、特撮ヒーローは子どもたちの憧れでした。あれからウン十年、かつて子どもだった人が再び、そんなヒーローたちのグッズにはまるケースが増えています。ウルトラマンや仮面ライダーなどメジャーなヒーローはもちろん、まだまだ埋もれているマイナーヒーローにもこれから日が当たっていきそう。

 

特撮展に30万人!

特撮展に30万人! 東京・木場にある東京都現代美術館で昨年、「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」と題された催しが開かれました。人気アニメ監督が監修した特撮ものの展示会ですが、87日間の会期中に訪れた人は、なんと29万人。全国の美術館や博物館を巡回する形で、今も続けられています。かつて一世を風靡した特撮ヒーローたちが、近年になって再び人気を取り戻しているのです。
 流行の中心は、60年代~70年代に作られたもの。日本の特撮ヒーローは、1958年に放送された「月光仮面」「遊星王子」に始まり、60年代半ばから黄金期を迎えます。現在も新しいシリーズが作り続けられている「仮面ライダー」や「ウルトラマン」の他、この時代には野心的な作品が数多く登場しました。
 そんな特撮黄金期に子どもだった40代~50代の人たちが、社会的なステータスや経済的な余裕を得た今になって、忘れていたヒーローたちを思い出したことで、大きなブームが生まれたようです。

 

人気作には今でも大きな経済効果

人気作には今でも大きな経済効果 特撮ヒーローの3大巨頭といえば、なんといっても「仮面ライダーシリーズ」「ウルトラマンシリーズ」「戦隊ものシリーズ」でしょう。いずれも1960~70年代に誕生し、現在まで続く人気シリーズです。通販サイトAmazonで「仮面ライダー」というキーワード検索をかけてみると、2万5,000件以上のアイテムが見つかります。「ウルトラマン」なら約1万件、「スーパー戦隊」4,000件あまりと、大きな市場を作っていることがわかります。
 3シリーズとも、現在も新しい作品が毎年作られていますが、経済効果が高いのは、やはり大人が懐かしむ旧作。たとえば… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

谷垣 吉彦/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

谷垣 吉彦/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーランスライター

アダルト層向け商品の販促プランニングや、経営・医療系書籍の企画・立案・執筆など、幅広い分野でライターとして活動する。大阪ミレニアムミステリー賞を受賞するなど、エンターテイメント分野での実績も評価されている。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter