Bizコンパスセレクト・注目のニュースリリース(第25回)

「ネットワークサービスを196カ国に拡大」等23本

2014.01.16 Thu連載バックナンバー

 Bizコンパス編集部が選ぶ注目のITニュースリリース。今週は、「企業向けネットワークサービスを196カ国に拡大」など23本のニュースリリースをご紹介します。

 

企業向けネットワークサービスを196カ国に拡大

 NTT Comが買収した米Virtela Technology Servicesは、マネージドサービスや仮想化技術に強みを持つ企業で、196カ国/地域にMPLS/IPSEC VPNを含むネットワークサービスやクラウド型マネージドネットワークサービスを提供しています。買収によって、提供エリアの拡大に加えて、LANのネットワーク機器の機能を仮想化する技術(NFV)を活用したクラウド型マネージドネットワークサービスを「Arcstar Universal One」に統合する計画です。

NTTコミュニケーションズが、米国大手ネットワーク事業者Virtela Technology Servicesを買収し、企業向けネットワークサービス「Arcstar Universal One」の提供エリアを160カ国/地域から196カ国/地域へ拡大(2014/01/10)

 本買収完了により、両者のネットワークサービスの統合を加速、2014年中のサービス・オペレーション統一を目指します。NTT Comの高いサービス品質と、Virtela社の先進的・高効率の運用ノウハウを両立するサービスにより、グローバル市場におけるリーダーポジション獲得を目指します。

 

ERPクラウドサービスを中国・ASEANに展開

 TISのグローバルERP導入実績のノウハウを反映した業務テンプレートと、業務担当者のシステム導入負荷を軽減する導入支援サービス、運用負荷を軽減するクラウドサービスをワンストップで提供します。海外拠点での導入負荷を大幅に軽減できるとのことです。

TISが、中国やASEANエリアに展開する日本の製造業を対象に、ERPパッケージ「Microsoft DynamicsAX2012」をクラウド型で提供するサービス「Microsoft DynamicsAX2012 グローバル導入サービス」を開始(2014/01/09)

 グローバル進出、ビジネス環境の変化、内部統制、グループ会計、決算早期化、事業活動の見える化などの様々な課題を背景に、日本の製造業では海外拠点を含むグループ全体で、業務ニーズやITニーズに柔軟かつ迅速に対応できるERPの構築が重要なテーマになっています。

 

クラウド型ERPサービスを東南アジア向けに展開

 クラウド型ERPのSAP Business ByDesign未出荷のシンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム向け各国の法制度や商習慣に対応した追加機能を、NECが優先的に開発して5月から先行提供するとのことです。また、SAP Business ByDesign出荷済みの17カ国に対しても追加機能の開発やサービスの提供を予定しています。

NECとSAP AGが、クラウド型ERPサービス「SAP Business ByDesign」におけるグローバル協業契約を締結し、東南アジア6カ国向けに機能を追加したクラウドサービス「NEC Global Localization Package for SAP Business ByDesign」を提供(2014/01/09)

「SAP Business ByDesign」は、中規模拠点向けのクラウドサービスで、会計、人事管理、営業、マーケティング、調達・購買、顧客管理、サプライチェーンマネジメントなど多岐にわたる分野を網羅しています。また、短期間で導入可能、かつERPパッケージ「SAP(R) ERP」との密連携をはじめ各社ERPシステムとの連携が可能であり、2007年の提供開始以来、日本を含む世界17ヶ国に出荷され約1,100社の導入実績を有しています。

 

 その他、Bizコンパス編集部が選んだ注目のニュースリリースです。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

「制約の少ない改ざん検知暗号」等28本
Infostand

Infostand

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter