Bizコンパスセレクト・注目のニュースリリース(第23回)

「IPv4枯渇問題を解決する技術」等38本

2013.12.20 Fri連載バックナンバー

 Bizコンパス編集部が選ぶ注目のITニュースリリース。
 今週は「IPv4枯渇問題を解決する技術」など38本のニュースリリースをご紹介します。

 

私用端末の業務利用(BYOD)調査

 ユーザー調査では、情報システム部門の18.4%がBYODを「ルールとして許可」、36.8%が「禁止」するとのことです。ユーザー側は、許可を望む比率が増加傾向、禁止を望む比率は減少傾向にありました。ユーザー側が実務面のメリットを感じている一方で、システム部門ではセキュリティなどでデメリットを感じていることがうかがえます。

NTTコム リサーチとNTTデータ経営研究所が、現在「私用端末の業務利用(BYOD)」として何らかのデバイスの使用を許可している組織は約43%、実際に何らかのデバイスを利用しているユーザーは約47%との調査結果(2013/12/11)

 PCやスマートフォン、タブレットの普及に伴い、プライベートで使い慣れた私用端末を業務に用いるBYOD(Bring Your Own Device)という利用形態が広がっています。また、私用端末の利用にとどまらず、プライベートで利用しているクラウドサービスを業務に活用する動きもあります。このような私用端末の業務利用は業務の生産性向上等のメリットが期待できますが、情報漏洩などのセキュリティ面等の懸念もあります。

 

IPv4枯渇問題を解決する技術

 一つのIPv4アドレスを共有して有効活用する技術です。情報通信研究機構NICTの大規模ネットワークテストベッド「StarBED」上で、12台の物理サーバに各128仮想サーバを動かし、計1536台の仮想サーバがIPv4アドレスを共有しました。IETFに標準化を提案中とのことです。

富士通と富士通コンピュータテクノロジーズ、情報通信研究機構(NICT)、北陸先端科学技術大学院大学(JAST)が、IPv6ネットワークで構成されるデータセンターで、同じIPv4アドレスを異なる機器で共有できるソリューション技術「SA46T-AS」の実証実験に成功(2013/12/11)

昨今、IPアドレスの国際管理機関およびアジア太平洋担当機関のみならず、欧州担当機関においてもIPv4アドレスが枯渇し、IPv6への移行が迫られています。一方で、IPv4による既存システムの継続利用も重要な課題となりますが、特にインターネットのサーバ環境においては、IPv4グローバルアドレスの利用が必須であり、IPv4アドレス枯渇後は、割り当てるIPv4アドレスがないため、サーバを増設できない事態になることが予測されます。また、データセンターをはじめ、あらゆるシステムが今後IPv6ネットワークで構成されていく中で、そのネットワーク上でIPv4アドレスが継続して利用できるような環境構築も重要になっています。

 

10GbpsのSDNソフトウェアスイッチ

 マルチスレッド対応や、大規模フローテーブル検索におけるFlexible parallel Flow processing Framework(fff)探索アルゴリズムの採用で、高速パケット処理を可能にしました。SDNソフトウェアスイッチとしては世界最高性能レベルになります。

NTTが、10Gbpsのワイヤレート(ロングパケット転送時)を達成したSDN対応ソフトウェアスイッチのプロトタイプ開発に成功(2013/12/09)

昨今の技術の進展により、汎用サーバにおいてCPU・バス・ネットワークカードなどの各構成品の性能が向上しており、従来は高い性能が求められることから専用チップを用いてハードウェア中心の実装を行う必要があったネットワーク装置でも、性能要件が合致するものなどについては、汎用サーバを用いてソフトウェアを中心とした実装が現実的となってきています。

 

ストレージを高速化するSDN技術

 SDNでストレージトラフィックを制御する技術を開発し、イーサネット・スイッチベースのシステムに適用することで、約2倍のスループットを達成しました。2014年度中の実用化を目指すとのことです。

富士通研究所が、ネットワーク上のストレージアクセスを高速化するSDN(Software Defined Networking)技術を開発(2013/12/09)

 OpenFlowに代表される従来のSDN技術では、イーサネットアドレスやIPアドレスを用いてLANトラフィックに対する制御はできましたが、IPアドレスを使わないストレージトラフィックに対応していませんでした。そのため、LAN・SAN統合ネットワークにおけるストレージトラフィックは制御できず、ネットワークを効率的に利用できないという課題がありました。

 

 その他、Bizコンパス編集部が選んだ注目のニュースリリースです。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

「制約の少ない改ざん検知暗号」等28本
Infostand

Infostand

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter