Bizコンパスセレクト・注目のニュースリリース(第15回)

「パブリッククラウドをVPN接続」等33本

2013.10.24 Thu連載バックナンバー

 Bizコンパス編集部が選ぶ注目のITニュースリリース。
今週は、「パブリッククラウドをVPN接続」など33本のニュースリリースをご紹介します。

 

米Tableau製品を使ったBIソリューション

 米Tableau Softwareは、BI環境下でのビジュアル分析に特化したBIツールを開発しています。伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は今回、Tableauと国内初の販売代理店契約を締結し、同社製品の導入支援やトレーニング、保守サポートまでをワンストップ提供するとのことです。

■伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が、米Tableau Softwareと販売代理店契約を締結し、同社の主力BIツール「Tableau 8.0」を使ったBIソリューションを提供開始(2013/10/17)

 5月28日に発表された「Tableau 8.0」は、4,000以上のベータ版参加顧客からのフィードバックを経て完成したタブローの最新BIツールです。特徴は以下の通りです。

・データの可視化、ビジュアル化に優れており、高度なスキルを必要とせず、あらゆるデータから深い洞察を得ることができる。
・可視化、ビジュアル化するまでの処理速度が速い。
・導入および開発のための専門のエンジニアを必要としない。
・デスクトップアプリケーション版は、PC1台で1ユーザーから導入でき、利用状況に応じてサーバ版への拡張も可能。小さく始めて投資対効果を確認しながらシステム展開することができ、初期導入コスト、メンテナンス・コストなどIT投資金額を抑制できる。

 

パブリッククラウドをVPN接続

 顧客の社内ネットワークと、パブリッククラウドサービス「Bizホスティング Cloudn」をインターネットVPN接続することで、プライベートクラウド相当の環境を構築できるサービスです。また、自動バックアップ機能なども標準提供するとのことです。

■NTTソフトウェアが、NTTコミュニケーションズのパブリッククラウドサービス「Bizホスティング Cloudn」に、インターネットVPN接続などのサービスメニューを付加した「クラウドサポーターズ」を開始(2013/10/17)

 パブリッククラウドを利用する企業が増える中、次のような課題や懸念を持つお客様がいます。

・インターネット経由でクラウド環境を利用するため、セキュリティ面が不安である
・セキュリティに関する設定作業や、システムの監視など運用の手間が増えないか。
・重要かつ大量なデータを安全にクラウドに保管できないか。

 クラウドサポーターズは、これらの不安やご要望に応えるメニューを備えています。

 

OODAループを採用したセキュリティサービス

 OODAループとは、監視(Observe)、情勢判断(Orient)、意思決定(Decide)、行動(Act)という一連の流れで迅速・合理的な意思決定や施策を行う概念のことです。この考え方をもとに、クラウド環境のセキュリティ対策、セキュリティログ分析や監視、組織内CSIRTの運用支援など、さまざまな包括的なメニューを用意したとのことです。

■日立製作所が、総務省が提言した「OODAループ」の概念を採用し、コンサルティングからセキュリティ施策の適用、運用サービスまでトータルに提供するセキュリティソリューション「マネージド・セキュリティ・サービス」を開始(2013/10/15)

 近年、複雑化かつ巧妙化するサイバー攻撃により、企業や組織のセキュリティリスクが増大している一方で、オンプレミス環境だけでなく、仮想化技術を活用したクラウド環境が混在する環境においても、情報システムを監視し、迅速に対策を講じるための専門スキルを持った技術要員の確保が求められています。また、監視体制の強化など、情報システム部門が抱える負荷が増大していることから、セキュリティ対策・運用の外部委託のニーズが高まっています。

 

 その他、Bizコンパス編集部が選んだ注目のニュースリリースです。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

「制約の少ない改ざん検知暗号」等28本
Infostand

Infostand

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter