Bizコンパスセレクト・注目のニュースリリース(第10回)

「特権ID管理ソリューションSaaS」等34本

2013.09.19 Thu連載バックナンバー

 Bizコンパス編集部が選ぶ注目のITニュースリリース。今週は、「特権ID管理ソリューションSaaS」など34本のニュースリリースをご紹介します。

 

オンプレミスのストレージをクラウドにバックアップ

 企業向けストレージのデータをクラウドにバックアップするサービスで、オンプレミスとクラウドをシームレスに連携させます。バックアップ環境の導入・運用の費用や工数を抑えられるそうです。

ニフティが、オンプレミスで利用されているNetAppストレージのデータを「ニフティクラウド」にバックアップできるソリューション「遠隔バックアップ for NetApp」を提供開始(2013/09/12)

 近年、事業継続計画(BCP)や災害復旧(DR)の重要性から、企業内にあるデータを拠点外にバックアップしたいというニーズが高まっています。一方で初期費用や運用負荷などが課題となり、導入が進まないお客様が多くいます。

 今回、ニフティは世界中で多数の利用実績があるNetAppとの強いパートナーシップのもと、『ニフティクラウド』内にNetAppストレージの対向機器を用意し、Data ONTAP環境で提供するSnapMirror/ SnapVault機能を活用したバックアップソリューションを実現しました。

 

特権ID管理ソリューションSaaS

 NTTソフトウェアの特権ID管理ソリューション「iDoperation」をSaaSモデルで販売するもので、新たにサーバを設置する手間が不要となります。最短3日で利用可能とのことで、すでにセガサミーホールディングスが採用しているといいます。

NTTソフトウェアが、特権ID管理ソリューション「iDoperation(アイディーオペレーション)」のSaaSモデルを本格販売開始(2013/09/11)

 近年、監査の観点から、特権IDの「アカウント管理(ID管理、パスワード管理)」が重要視されています。NTTソフトウェアでは、「必要な特権IDの管理は行いたいが、サーバ管理負担を増やしたくない」というお客さまの声に応え、短期・低コストで実現可能なiDoperation SaaSモデルを販売開始しました。

 

「ASP・SaaS・クラウドアワード」で総合グランプリ受賞

 NTTコミュニケーションズの東京第6データセンターが、特定非営利活動法人 ASP・SaaS・クラウドコンソーシアム(ASPIC)が発表した「第7回 ASP・SaaS・クラウドアワード2013」データセンター部門の総合グランプリを受賞しました。

NTTコミュニケーションズが、「第7回 ASP・SaaS・クラウドアワード2013」データセンター部門の総合グランプリを受賞(2013/09/11)

 総延床面積約22,000m2(約3,000ラック相当)と都内最大規模を誇り、コストパフォーマンスに優れ、利便性・耐災害性・信頼性・拡張性など最新のデータセンターに求められるあらゆる要素を備えています。2013年4月23日より提供を開始しています。

 

KDDIとシスコがユニファイドコラボレーション共同提供

 KDDIのクラウドサービスと仮想PBX、FMCサービスと、シスコのWeb会議システムやプレゼンス、インスタントメッセージ、音声、ビデオ会議などのコラボレーションサービスを組み合わせたソリューションです。構築から運用までワンストップで提供するとのことです。

KDDIとシスコシステムズが、仮想PBXサービスをベースとした法人向けユニファイドコラボレーションソリューションを共同提供(2013/09/09)

 外出時にスマートフォンの電話帳から社内の在席状況を確認し、IMでの会話や内線通話をしたり、タブレットで資料閲覧しながらビデオ会議を開催できるなど、いつでもどこでも用途や相手の状況に応じて最適なデバイスを利用したビジネスコミュニケーションが可能となり、リアルなワークプレースと、仮想的なワークスペースを統合した働く環境 (ユニファイドワークスペース) を実現できます。

 

 その他、Bizコンパス編集部が選んだ注目のニュースリリースです。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

「制約の少ない改ざん検知暗号」等28本
Infostand

Infostand

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter