県民ワンダーランドへようこそ(第7回)

おもしろ県民トリビアまとめ(2)

2013.07.24 Wed連載バックナンバー

 狭いように思える日本列島にも、いろんな地域があり、様々な県民気質があります。この連載では、そうした地域ごとの違い、県民性の違いについてフォーカスしてみます。
 7回目の今回は、県民はみんな知っているのに、それ以外の人からはとっても意外なトリビアを紹介します。関西から九州地方にかけてのご紹介です。

 

みうらじゅんも注目した滋賀県の飛び出し坊や

みうらじゅんも注目した滋賀県の飛び出し坊や 交通戦争と呼ばれた昭和30年代頃から、ドライバーに注意喚起するため、児童が道路に飛び出す姿をモチーフにした看板が立てられました。
 現在では日本各地にありますが、元祖は滋賀県八日市市(現・東近江市)の社会福祉協議会の発案で、滋賀県の看板制作会社「久田工芸」が製作したものとされています。正式名称は「飛出とび太」だそうです。
 みうらじゅんさんは、全国にあるバリエーションの元祖ともいえるこのタイプを「0系」と命名。滋賀県内ではこれをモチーフにしたゆるキャラもあるようです。
 「けいおん!」の舞台となった豊郷町では、アニメのキャラを飛び出し坊やにした看板もあるそうです。子供を交通事故から守るのはみんなの願い。いいですね、飛び出し坊や。

 というわけで滋賀県のベスト&ワーストです。人口あたりの無印良品とマクドナルドの件数がいちばん多い。都会だなあ。

 

高知県のパンダおばさんに会いたい

高知県のパンダおばさんに会いたい 高知市内にときどき出現するパンダおばさん。もちろん僕は会ったこともないですが、昨年なんと某テレビ番組の「珍百景」にも登場したようです。これはもはや全国区なのか? と思いきや、やっぱりまだまだ高知限定ですね。
 テレビでも紹介されていたようですが、素顔もごくごく普通のおばさんらしく、性格もやさしい(笑)とのこと。高知市には他にも帯屋町太郎さんという先輩(?)もいて、こちらはオジサン。さすが坂本龍馬のお国柄、他とは違うことをしたい人の比率が多いのでしょうか。
 高知市内には、日本3大がっかりといわれるはりまや橋ぐらいしか見どころはないのかと思っていましたが、ちょっと興味がわきますね。人間だから必ず目撃できるとは限りませんが。

 というわけでその他高知県のベスト&ワーストはこちら。100歳以上の男性がいちばん多いとは、やはり男性にやさしい土地柄なのでしょうか。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

棕澤 和宏/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

棕澤 和宏/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

広告制作会社エコトバ 代表取締役

業界デビュー作がJ-WAVEのネーミング。以来コピーライターとして20年以上キャリアを積むが、最近はコピーライティングの知識を生かしたWEBサイトのコミュニケーションプランの提案に軸足を移しつつある。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter