県民ワンダーランドへようこそ(第4回)

出身県で、出世とお金はここまで違う?

2013.06.29 Sat連載バックナンバー

 狭いように思える日本列島にも、いろんな地域があり、さまざまな経済環境が存在しています。この連載では、そうした地域ごとの違い、県民性の違いにフォーカスしてみます。
 4回目の今回は、出世する人が多い県はあるのかないのか、そしてお金持ちの県はあるのか、そんなちょっとシビアな県民性を探ってみたいと思います。

 

上場企業の役員が一番多いのは石川県

上場企業の役員が一番多いのは石川県
<金沢駅>

 本連載1回目で社長の多い県は福井県、と書きましたが、役員の数についても同じ傾向があるようです。
 絶対数が多いのは例によって東京・大阪という大都市なのですが、人口あたりの人数で見ると、石川・福井・富山という北陸トリオが躍進します。強い地場産業があることが、こうした結果につながっているのでしょう。リンク先の記事が5ページにもわたる力作なので、ちょっと読むのが大変ですが。
 というわけで石川県のベスト&ワースト(とどラン)です。携帯電話の普及率もナンバーワンですね。みなさんビジネスで忙しいのでしょうか。

 

貯蓄額No.1は奈良県の2,150万円!

貯蓄額No.1は奈良県の2150万円!
<大仏殿>

 この世帯あたりの貯蓄額の統計(とどラン)を見ると、いつも何かの間違いではないかと思いますが、総務省の調査ですからいいかげんなものではないのでしょう。自分との差にしょんぼりしてしまいます。それにしても奈良県スゴイ! 平均ですからね、平均!… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

棕澤 和宏/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

棕澤 和宏/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

広告制作会社エコトバ 代表取締役

業界デビュー作がJ-WAVEのネーミング。以来コピーライターとして20年以上キャリアを積むが、最近はコピーライティングの知識を生かしたWEBサイトのコミュニケーションプランの提案に軸足を移しつつある。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter