目からウロコ 今週の統計・アンケート(第12回)

あなたの10年後は?昼休みの使い方で人生が変わる

2013.06.26 Wed連載バックナンバー

 労働法規では昼休みの過ごし方は、個人個人が自由に選べるものとされています。お昼ご飯を食べるだけでなく、最近ではスキルアップや健康維持にうまく使う人も増えています。たいていはたった1時間弱の時間ですが、毎日の積み重ねは後に大きな成果となって現れます。そんなお昼休みの有効な使い方を調べてみました。

 

半数は1時間程度 食事以外は会話、昼寝、ネット

半数は1時間程度 食事以外は会話、昼寝、ネット

 「労働時間が6時間を超える場合には少なくとも45分、8時間を超える場合には少なくとも1時間の休憩を労働時間の途中に与えなければいけない」……労働法にはこのような規定があります。WEBマガジン「REAL SCALE」が昨年4月~5月に行なったアンケート調査によると、働く人の昼休みの長さは「1時間程度:48.9%」が最多でした。
 昼休みのうち「食事以外の時間」については、「30分程度:28.6%」が最多で、「食事以外にする事」では「友人、同僚、上司等との会話:23.9%」が最多。以下、「昼寝:17.9%」「パソコンでインターネット:16.1%」「携帯・スマホでインターネット(メール):12.9%」と続いています。
 資格の勉強やエクササイズなど、ステップアップにつながる過ごし方をしている人は、意外に少ない様子。「昼休み」で差をつけられる可能性はかなり大きそうです。

 

のし上がる? 起業する? 目的別ランチ法

のし上がる? 起業する? 目的別ランチ法 昼休みの過ごし方で近年話題になっているのが、「一人デスクランチ」。その名の通り、一人で自分の机で昼ご飯を食べるスタイルです。昨年4月、「R25」が行なったアンケート調査によると、25~44歳の男性では、一人で昼食をとる人が57%にのぼり、そのうち自分のデスクで食べる人が45.6%を占める、という結果が出ています。「デスクランチ中にしていることは?」との問いに対して、最も多かった答えは「PCでネットを閲覧している:63.5%」でした。
 「REAL SCALE」の調査と重ね合わせると、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

谷垣 吉彦/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

谷垣 吉彦/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーランスライター

アダルト層向け商品の販促プランニングや、経営・医療系書籍の企画・立案・執筆など、幅広い分野でライターとして活動する。大阪ミレニアムミステリー賞を受賞するなど、エンターテイメント分野での実績も評価されている。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter