超リアルアクセス解析実践法

自社ビジネスの状況が一目で分かるレポート作成の指導法

2012.12.18 Tue連載バックナンバー

 サイトの今月の状況を報告するレポート。大量の数値とグラフ。努力と手間は認めるが、内容は事実が羅列されているだけ。売上やサイトへの訪問者数はわかるが、次の打ち手や見立てがない。そのようなレポートが提出されることはありませんか?「なんか違うんだよな」と思いながら、そのまま二度と見ていないということが起きていないでしょうか?このような問題を解決するために、サイトのアクセス状況とビジネスへの貢献が短時間で理解できる、レポートを作成させるための方法を紹介いたします。

 

最初に:目標を共有していますか?

 皆さんの企業では目標数値(=ビジネスゴール)はありますか。そして、この目標数値をレポート作成者・報告者に伝えているでしょうか? 最大の関心ごとであるビジネスゴールに関連する情報が入っていないレポートは、見る気が起きないかと思います。まず、大切なのは自社の目標(=KGI<Key Goal Indicator/重要目標達成指標>)が何であるかをその背景も含めちゃんと共有することです。

 そして目標を伝えたら、「ビジネスロードマップ」を作成してもらいましょう。「ビジネスロードマップ」とは顧客の最初の接点から、目標までが可視化された図のことを指します。さっそく、その内容を確認してみましょう。

<ビジネスロードマップ作成例>

ビジネスロードマップ作成例


 この図には、いくつかの情報が網羅されています。ビジネスのゴールに向けての各ステップが描かれており、それぞれのステップにおける母数と遷移の割合が書いてあります。また、その中でビジネスゴールを達成するために、重要なポイントをKPI(Key Performance Indicator/重要業績評価指標)としてピックアップします。KPIとはゴールを達成するために、改善しないといけない値を示しており、この値を改善するとKGIも改善する指標を選びます。KPIの選定は「元々ボリュームが多い値(=同じ改善率でも実数は大きい)」そして「改善施策が思いつき実践可能である(=改善ができない場合は設定しても意味がありません)」という2つの条件を満たしている物を、2〜3個設定します。

 まずは、この図を部下に作成してもらい、ビジネスにおいて改善するポイントの認識を確認してください。ビジネスにおける全てのポイントを同時に解決することはできません。そこで、改善するポイントのすり合わせを行なう必要があります。このKPIを設定するということは「KPIを改善してゴールを達成するために、人・物・金のリソースを優先的に割り当てる」ということを意味します。この部分で合意を行なわないと、ビジネス改善につながらない施策が行なわれたり、改善に繋がることができなくなったり、といった弊害が発生してしまいます。上記の図であれば、改善ポイントは「業種別サイトの… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

小川 卓

小川 卓

ウェブアナリスト

株式会社サイバーエージェント所属。ウェブサイトの分析を生業としています。年間30回以上のアクセス解析に関連する講演を個人として行なっています。著書に「ウェブ分析論」「ウェブ分析レポーティング講座」など

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter