業界別IT活用法(小売・流通業界【解決編】)

ITコストの最適化と付加価値向上を実現するIT活用

2013.10.23 Wed連載バックナンバー

 前回(課題編)は、国内の小売・流通業界の業界変化に対して、ITがどのような課題を抱えるかを記載した。本解決編では、各課題に対してどのような解決策があり得るのかを事例とともにご紹介したい。

 

小売・流通業界のITの課題と解決策の全体像

 前回紹介した課題の振り返りとともに、対応する解決策の全体像を以下の図にまとめてみた。
 多くの企業が、保有するシステムの維持にとらわれ、攻めに転ずることがままならない状態である中で、既存システムのダウンサイジングで得た原資を糧に、グローバルな対応を進めていくことが必要であると考える。

 

 「ITコストの削減」を解決する4つの方法

 小売業の多くは、企業の成長とともにITを構築してきた背景もあり、既存システムが複雑に構築されているケースが多く、その維持・運用にかかる負担が非常に重くのしかかっている。ITコストの削減には、その最適化をさまざまなアプローチで取り組むことが求められる。
 そこで、具体的な成功事例を挙げながら、4つの解決方法をご紹介する。

●クラウドの活用によるITコストの最適化
 昨今はクラウド・コンピューティングの技術革新に伴い、従来不可能もしくは困難と目されていた基幹システムの基盤をクラウド化することで、システムの運用費用を削減する動きが目立ってきている。具体例としては、「西鉄ストア」がAWS(Amazon Web Services)を活用し基幹システムをクラウド移行した例が記憶に新しい。
 また、「ファミリーマート」はデータ管理基盤として、EMCのハイエンドストレージ等の導入を実施しておりデータ基盤の見直しに着手している。これは将来的に基盤のプライベートクラウド化を見据えた取り組みといえる。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

水上 晃

水上 晃

デロイト トーマツコンサルティング株式会社 シニアマネジャー

デロイト トーマツコンサルティングTMTE(ハイテク・メディア・通信・エレクトロニクス)ユニット所属。大手鉄道会社経営企画部、外資系コンサルティング会社を経てデロイトトーマツコンサルティング株式会社に参画。通信キャリア、ハイテク領域に対して事業戦略立案、情報システム導入戦略と導入支援、大規模BPRなどのプロジェクト経験を豊富に有する。ITを活用した業界変革・業界融合のテーマを中心にコンサルティング活動を展開。昨今は「JCC(ジャパンクラウドコンソーシアム)M2MビックデータWG」の事務局も務める。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter