タブレット・スマートフォンを用いた営業力強化(第3回)

タブレット・スマホを支えるIT進化

2012.09.09 Sun連載バックナンバー

 本連載では、これまでビジネス活用の広がりや営業力強化の視点から、スマートデバイスの話をしてきました。今回は、スマートデバイスの基本コンセプトやクラウド型サービスなど、スマートデバイスを支えるIT進化について解説します。

 

高機能化が進むスマートデバイス

 日進月歩のIT業界において、ここ数年最も注目を集めているのがスマートデバイス。AndroidとiOSの進化とともに、スマートデバイスの高機能化が飛躍的に進んでいます。たとえば、NTTドコモがAndroidスマートフォン向けに開発した、音声エージェント機能「しゃべってコンシェル」に対して、AppleがiPhone 4Sで利用できる音声認識機能「Siri」の日本語版をリリースするなど、競争の激しさは増すばかり。音声認識など一昔前のSF映画の世界が実現されつつあるのですから、ユーザーの立場からすれば、これからのITデバイスの本命として、スマートデバイスに対する期待は高まるばかりです。

 

スマートデバイスの基本コンセプト

 デスクトップパソコンやノートパソコンなどの従来型ITデバイスと比較して、タブレットやスマートフォンなどのスマートデバイスは、基本コンセプトに大きな違いがあります。従来型のITデバイスであるパソコンは、ディスプレイ、キーボード、ディスクなどを装備しており、ローカル環境での利用を前提として、必要に応じてインターネットなどのネットワーク環境での利用も可能とするという考え方です。

 それに対して、スマートデバイスはインターネットなどのネットワーク環境での利用を重視しており、デザインや操作性などを考慮した身軽な装備とするなど、ネットワークインフラの進化を前提とした次世代型のITデバイスであるといえます。

… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

このテーマについてもっと詳しく知りたい

関連キーワード

長谷川 進

長谷川 進

経営コンサルタント・中小企業診断士

15年間の外資系大手ITベンダーでの活動を経て、平成18年に独立開業。
ITベンダー時代からの長年のコンサルタント経験、1000人以上の経営者・ITプロフェッショナルの人材育成経験から生まれた独自の経営IT理論をベースに、経営コンサルタント・インターネットビジネスコンサルタントとして活躍中。
https://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/susumu

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter