タブレット・スマートフォンを用いた営業力強化(第1回)

タブレット・スマホは本格的なビジネス活用の時代へ

2012.08.07 Tue連載バックナンバー

スマートデバイス市場の急激な広がり

 タブレットやスマートフォンなどのスマートデバイスの市場が急激に広がっています。iPadやiPhoneの登場により、身近な存在となったスマートデバイスは一大ブームを起こしました。その後、アンドロイド端末が登場し、一過性のブームから定着の時代へとさらなる進化を遂げています。

 ICT総研が行なったスマートデバイスに関する調査によると、2011年度のスマートデバイス出荷台数は、前年の2.8倍の2,628万台となり、PCの出荷台数1,496万台を大きく上回りました。今後も毎年堅調に増加していき、2016年度には4,210万台となる見込みで、PCの出荷台数1,511万台の2.8倍、従来型携帯電話の5.8倍にも達します。スマートデバイスの法人向け出荷台数についても同様に今後の増加が見込まれ、2012年度は前年比1.8倍の242万台、2016年度には530万台と予測されています。

図1 スマートデバイスおよび関連端末の国内出荷台数予測… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

このテーマについてもっと詳しく知りたい

長谷川 進

長谷川 進

経営コンサルタント・中小企業診断士

15年間の外資系大手ITベンダーでの活動を経て、平成18年に独立開業。
ITベンダー時代からの長年のコンサルタント経験、1000人以上の経営者・ITプロフェッショナルの人材育成経験から生まれた独自の経営IT理論をベースに、経営コンサルタント・インターネットビジネスコンサルタントとして活躍中。
https://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/susumu

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter