顧客育成に!「シナリオ式自動配信メール」の使い方(第2回)

ステップメールの効果を最大化するシナリオとは

2012.09.21 Fri連載バックナンバー

 前回は、ステップメールの基本的な仕組みについて説明しました。ステップメールでは、見込み客がメールマガジンの登録や資料請求をするなど、商品やサービスに関心を示した直後に、役立つコンテンツを段階的に配信します。これは、見込み客や顧客の購買意欲を高め、信頼関係を強めることができる非常に効果的な手法です。ステップメールを活用できている企業はまだ多いとはいえませんが、新しく導入することはそれほど難しくありません。今回は、ステップメールの具体的な導入方法や、配信する一連のメールを作成する「シナリオ」のつくり方を見ていくことにしましょう。

 

ステップメールを配信するためのシステム

 一般的なメールマガジンは、メールサーバーに蓄積された登録者のメールアドレスリストに対して同じ文面のメールが一斉に配信されます。ステップメールも、メールアドレスのリストに対してメールが配信されるという基本的な機能は同じです。ステップメールがメールマガジンと違う点は、ふたつあります。ひとつ目は、登録者が今後何回かに渡って受け取ることになるメールの文面が、すべて事前に用意されている点。もうひとつは、顧客が登録した日時により、それぞれのメールが配信されるタイミングが登録者ごとに異なるという点です。
 ステップメールを配信するには、ステップメールの機能が搭載されたメール配信システムが必要になります。システムを導入する方法としては、ステップメール配信の機能だけを外部業者から借りる「ASP(Application Service Provider)型」と、自社のメールサーバーにCGIと呼ばれるサーバー内で動作するプログラムを組み込む「CGI(Common Gateway Interface)型」と、のふたつの方法があります。

… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

佐藤 尚規

佐藤 尚規

有限会社ピアニッシモ・代表取締役

Webマーケティング関連のコンサルタントとして活動。『バーチャルカンパニー』(実業之日本社)、『ネットビジネス革命』(日本実業出版社)、『進化するネット広告のすべて』(技術評論社)など著書多数。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter