セキュリティ機器は「おまもり」ではない!

セキュリティ管理の外部委託の概要とメリット

2012.11.02 Fri連載バックナンバー

 インターネットのセキュリティに関する事件、事故の報道をきっかけに、慌ててセキュリティ機器を購入した企業も多いのではないでしょうか。しかし、セキュリティ機器はきちんと設置しなければ意味がありません。以前の記事「実践!ひとり情シスでも実現できるセキュリティ対策」では、1台で多くの脅威に対応できるUTMという機器をご紹介しました。しかし、自社での設置・運用は困難という企業の方に、セキュリティ機器の管理・運用を外部に委託するサービスをご紹介します。

 

「買っただけ」では効果なし

インターネットのセキュリティ対策…買っただけでは効果なし「ウイルスでパソコンが壊れちゃいますよ!」
「毎朝、迷惑メールの削除が大変じゃないですか?」
「社員が仕事中に関係のないWebサイトを見てもいいんですか?」
「ネットワーク攻撃が増えています!」

 業者のこのような「脅し文句」でインターネットのセキュリティ対策機器を慌てて購入した中小企業の経営者も多いのではないでしょうか。

 しかし、多くの販売会社は残念なことに「売りっぱなし」が多く、アフターケアがないため、結局、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

山之内 真彦

山之内 真彦

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社 マーケティングマネージャー

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter