戦国武将 散り際の美学(第7回)

豊臣秀吉~わが子を案じ政敵にも頭を下げる惨めな死

2014.06.01 Sun連載バックナンバー

生没年

生:天文6年2月6日(1537年3月17日) ※諸説あり
没:慶長3年8月18日(1598年9月18日) 享年62?

 

死の床で豊臣政権と愛息の将来を案じる

 慶長3(1598)年8月、やせほそって今にも倒れそうな秀吉は五大老を前に頭を下げた。

 胃には激痛が走る。ひと月ほど前から感じた胃痛はいまや激痛に変わり、医者を呼んで治療させても一向に治る気配はなかった。

 死期が近いことを悟った秀吉は、自分の死後に豊臣政権の中核となる五大老に、秀頼を助け、支えるよう何度も何度も懇願した。

 天下人となった秀吉だが、思えば波乱万丈な人生であった。信長に仕官した頃からめきめきと頭角をあらわし、主君・信長が討たれるとそれに乗じて自らが後継者となりすまし、果ては天下を取ってしまうのだ。いまや豪奢な暮らしを送る秀吉だが、もともとは貧しい農民出身であった。

 一代でこの世の頂点に上り詰めた秀吉。彼の最大の不幸は… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

伊達政宗と片倉小十郎~独眼竜と名補佐の固い絆
かみゆ歴史編集部

かみゆ歴史編集部

歴史コンテンツメーカー

歴史関連の書籍や雑誌、デジタル媒体の編集制作を行う。ジャンルは日本史・世界史全般、アート、日本文化、宗教・神話、観光ガイドなど。おもな編集制作物に『日本の山城100名城』(洋泉社)、『一度は行きたい日本の美城』(学研)、『戦国合戦パノラマ図鑑』(ポプラ社)、『系図でたどる日本の名家・名門』(宝島社)、『大江戸今昔マップ』(KADOKAWA)、『国分寺を歩く』(イカロス出版)など多数。お城イベントプロジェクト「城フェス」の企画・運営、アプリ「戦国武将占い」の企画・開発なども行う。公式サイトはwww.camiyu.jp

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter