戦国武将 散り際の美学(第30回)

足利義昭~信長打倒を貫いた将軍の穏やかな晩年

2014.11.16 Sun連載バックナンバー

生没年

生:天文6年11月13日(1537年12月15日)
没:慶長2年8月28日(1597年10月9日) 享年61

 

憎き信長に一矢報いる

 本能寺の変での信長の死を知ったとき、足利義昭はきっと、年甲斐もなく小躍りして喜んだことだろう。「してやったり、地獄に堕ちたか、不敬の成り上がり者!」。長年の宿敵が成敗され、夢見心地の思いだったに違いない。

 彼の人生には、信長の影がいつもついてまわった。第13代将軍・義輝松永久秀ら三好氏に暗殺され、各地を転々とする亡命生活を送っていた義昭に、上洛の話を持ちかけたのが信長だった。義昭は信長の大軍を引き連れて京都に入ることで、ようやく三好氏を破ることができたのだ。

 しかし、これは信長の戦略に過ぎなかった。彼は義昭を征夷大将軍として擁立した功労者となることで、実質的に京都を支配したのである。つまり、義昭は単なる傀儡(かいらい)にすぎなかったのだ。

 信長に政権を握られ、自分の考えは一向に政治に反映されることがない。この状況を疎ましく思った義昭は、信長の意に反した行動をとりはじめる。義昭と信長の因縁はここからはじまった。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

伊達政宗と片倉小十郎~独眼竜と名補佐の固い絆
かみゆ歴史編集部

かみゆ歴史編集部

歴史コンテンツメーカー

歴史関連の書籍や雑誌、デジタル媒体の編集制作を行う。ジャンルは日本史・世界史全般、アート、日本文化、宗教・神話、観光ガイドなど。おもな編集制作物に『日本の山城100名城』(洋泉社)、『一度は行きたい日本の美城』(学研)、『戦国合戦パノラマ図鑑』(ポプラ社)、『系図でたどる日本の名家・名門』(宝島社)、『大江戸今昔マップ』(KADOKAWA)、『国分寺を歩く』(イカロス出版)など多数。お城イベントプロジェクト「城フェス」の企画・運営、アプリ「戦国武将占い」の企画・開発なども行う。公式サイトはwww.camiyu.jp

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter