戦国武将 散り際の美学(第3回)

武田信玄と上杉謙信~よきライバルだった戦国の竜虎

2014.04.26 Sat連載バックナンバー

生没年

武田信玄
生: 大永元年11月3日(1521年12月1日)
没: 元亀4年4月12日(1573年5月13日) 享年 53

上杉謙信
生:享禄3年1月21日(1530年2月18日)
没:天正6年3月13日(1578年4月19日) 享年 49

 

虎と龍、史上最大のライバル

 武田信玄と上杉謙信。両者は、日本史史上最大のライバルと言える。

 名門・甲斐(山梨県)の武田家、18代目の当主として生まれた信玄は、対立していた実の父を甲斐から追放し、信濃国(長野県)の平定に乗り出す。領土拡大をする上で、隣国越後(新潟県)の謙信との対決は避けて通れなかった。

 一方、上杉謙信は越後の長尾為景の次男として誕生。19歳のとき、謙信が越後の当主となった。足利幕府の政権下で、世の秩序を乱すものを排除すべく戦う、これが謙信の大義名分だった。そして信玄に放逐された信濃の武将の領地復権のため、信濃に進出した。

 こうして2人の英雄は、現在の長野県長野市、川中島の周辺で12年間のうちに都合5度にもわたって対戦した。その最も激戦となったのが… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

伊達政宗と片倉小十郎~独眼竜と名補佐の固い絆
かみゆ歴史編集部

かみゆ歴史編集部

歴史コンテンツメーカー

歴史関連の書籍や雑誌、デジタル媒体の編集制作を行う。ジャンルは日本史・世界史全般、アート、日本文化、宗教・神話、観光ガイドなど。おもな編集制作物に『日本の山城100名城』(洋泉社)、『一度は行きたい日本の美城』(学研)、『戦国合戦パノラマ図鑑』(ポプラ社)、『系図でたどる日本の名家・名門』(宝島社)、『大江戸今昔マップ』(KADOKAWA)、『国分寺を歩く』(イカロス出版)など多数。お城イベントプロジェクト「城フェス」の企画・運営、アプリ「戦国武将占い」の企画・開発なども行う。公式サイトはwww.camiyu.jp

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter