戦国武将 散り際の美学(第29回)

石川五右衛門~釜で煮られた伝説の泥棒は実在した?

2014.11.09 Sun連載バックナンバー

生没年

生:不明
没:文禄3年8月24日(1594年10月8日)

 

多くの伝説を残す謎の人物

 江戸時代の浄瑠璃や歌舞伎で一躍名を知られるようになった義賊・石川五右衛門。最近ではマンガ・アニメやゲームなどでもなじみがあり、後世さまざまな伝説的な逸話が付加されている。

 五右衛門の出身地については伊賀(三重県西部)、遠江(静岡県西部)、河内(大阪府東部)、丹後(京都府北部)など諸説あり、伊賀忍者の抜け忍だという説もある。主に都市部を中心に盗みを働いたが、どれも権力者を対象としたものであり、庶民からは義賊として人気があった。

 また、五右衛門は秀吉の命により謀殺された丹後の豪族石川氏の次男であるという説がある。

 それによると、天正10(1582)年、五右衛門の父・石川左衛門尉秀門は丹後国伊久知城を守っていた一色義定の守護大名を務めていたが、豊臣秀吉の命を受けた細川藤孝によって殺害され、伊久知城は落城。その際に落ち延びた秀門の次男・五良右衛門が、後に石川五右衛門となったという。五右衛門はこのことから秀吉を敵視していたと伝わる。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

伊達政宗と片倉小十郎~独眼竜と名補佐の固い絆
かみゆ歴史編集部

かみゆ歴史編集部

歴史コンテンツメーカー

歴史関連の書籍や雑誌、デジタル媒体の編集制作を行う。ジャンルは日本史・世界史全般、アート、日本文化、宗教・神話、観光ガイドなど。おもな編集制作物に『日本の山城100名城』(洋泉社)、『一度は行きたい日本の美城』(学研)、『戦国合戦パノラマ図鑑』(ポプラ社)、『系図でたどる日本の名家・名門』(宝島社)、『大江戸今昔マップ』(KADOKAWA)、『国分寺を歩く』(イカロス出版)など多数。お城イベントプロジェクト「城フェス」の企画・運営、アプリ「戦国武将占い」の企画・開発なども行う。公式サイトはwww.camiyu.jp

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter